FC2ブログ

登戸

ドラえもんは、川崎市多摩区の小田急生田駅近くに住んでいた藤子・F・不二雄先生の作品だ。その遺品や関連する作品を集めて開館したのが川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム。ミュージアム行きのバスは、JR南武線、小田急線が交差する登戸駅から発着する。最近、小田急登戸駅はドラえもん塗装が施された他、ドラえもんの銅像などが設置され、子供達や訪れる人を楽しませている。

事件が起きたのは、その登戸駅多摩川口から歩いてすぐのところだ。ドラえもんも泣いている。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する