(旅ニュース) 米国への新電子入国認証システム「ESTA」

2009年1月12日から、米国への入国するためには、入国72時間前までにESTA (Electronic System for Travel Authorization/電子渡航認証システム)というインターネットによる申請と認証が必要になる。これをやっておかないと、米国へ12日以降に入国する場合は入国を拒否されてしまうので注意が必要だ。

オーストラリアへは、既にETAS(Electric Travel Autority System)が導入されているが、これに似ている。但し、豪州の場合はインターネットではなく、代理店か航空会社で申請することになる(現在はインターネットでは受付けなくなった)。

Electronic System for Travel Authorization
https://esta.cbp.dhs.gov/esta/esta.html?_flowExecutionKey=_c33D8EE9C-6AEF-0393-0FC4-26BB4BA8435F_kE065D725-0BE2-E3EE-3010-6F50F6904029

JALのESTAに関するページ
http://www.jal.co.jp/other/info2008_0807.html

ETAS(オーストラリア政府)
http://www.dima.australia.or.jp/etas/

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

コメント

No title

ESTAというのはインターネットでの申請なのでね、便利な世の中です。
ということは取得の際はパスポートも必要ないということですかね。
その他、費用が発生するのか否か。
期限があるのか等、疑問点がたくさんです。

いい情報ありがとう。
具体的な渡航予定が決まってなくても登録できるし、早速登録してみます。

Re: No title

> ESTAというのはインターネットでの申請なのでね、便利な世の中です。
> ということは取得の際はパスポートも必要ないということですかね。
> その他、費用が発生するのか否か。
> 期限があるのか等、疑問点がたくさんです。

パスポートはもちろん必要だよ。費用は無料だそうです。期限はちょっと分からないけど、その旅行・出張中はカバーされるでしょう。ちなみに、オーストラリアのETASは、費用は航空券を持っていて航空会社のカウンターに行けば無料、業者に頼むと2000円~3150円程度です。

Re: タイトルなし

> いい情報ありがとう。
> 具体的な渡航予定が決まってなくても登録できるし、早速登録してみます。

plumさんには重要ですね。是非、感想を教えてくださいね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する