FC2ブログ

(検証) 船中八策4 ~~BSL4施設の稼動

BBC WorldやCNNjを見ていると1ヶ月以上前からこのエボラ出血熱のことが連日話題になっていた。エボラは深刻な問題だ。

BBC Word Special report
http://www.bbc.com/news/special_reports/

CNN International
http://edition.cnn.com/

日本において深刻な問題は、エボラ出血熱等のウイルスを取り扱う「BSL-4施設」と呼ばれる検査・研究施設が稼動していないことだ。

エボラウイルスは、WHOの基準ではリスクグループ4という最強の危険グループに入り、バイオセイフティレベル(BSL)の最高位のBSL-4に位置づけられる。エボラウイルスは、BSL-4施設でなければ検査・実験ができない。アメリカには複数存在するが、911事件以降は外国人の立ち入りは禁止されている。

エボラ患者は入院できても退院できない
レベル4ラボを正式稼働せよ!
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/4368?page=1

上記の記事にある東京都武蔵村山市にある国立感染症村山庁舎の他に長崎大学がBSL-4施設を稼動させようとしている。

BSL-4施設設置に向けた取り組みの現状と今後の展望
http://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/about/message/katamine/message112.html

近隣住民の皆さんのご不安はもっともだ。透明性を高め、丁寧に説明を重ね、厳重な安全管理を徹底しないといけない。片峰長崎大学長は「BSL-4施設の安全性に対する不安が完全には払拭されていないことを再認識させられる一方で、反対署名の主旨を記載した文書の内容は、必ずしも正確な科学的根拠や情報・事実あるいは見解に基づいておらず、科学の発展を通じて社会に貢献すべき大学の責任者として、強い違和感を覚えます」とおっしゃっている。(引用は同上)

川崎市も臨海部に近い殿町地区をライフイノベーション地区としている。ここにBSL-4施設を作ることを検討すべきだ。羽田空港に近いんだし。

また今の日本のザルのような入国管理方法は改め、もっと厳格にしないといけないと危険だ。少し前、イギリス経由でリベリアから日本にきた人がエボラ出血熱に感染している可能性があって騒然としたことは記憶に新しい。院性だったからいいものの、陽性だったらどうなっていたことか。

マスコミにも注文がある。朝日叩きはもっともな点も多いが、その背景には朝日の購読者を取りたいという思惑と、記者の収入格差という問題が透けて見える。さらに小保方問題は、iPSで先行する京都大学を負けたくないとする理研の野望が透けて見える。

朝日叩きにやっきな産経新聞もその朝日新聞もBSL-4に関する見解はまったく同じだ。地味かもしれないが我々の生活に直結するのは公衆衛生のほうだ。分かりやすく科学的で冷静な記事を持続的に書いて、国民の理解を得るような姿勢が重要だ。


(社説)感染症研究施設 理解得て運用実現めざせ(産経 2014,4,21)
http://www.sankei.com/life/news/140421/lif1404210020-n1.html

(社説)エボラ出血熱 国内外で態勢強化を
http://www.asahi.com/articles/DA3S11409601.html

かつて福島出身の野口英世は、勇気を持って数多くの感染症と闘い、アフリカで黄熱病と闘って天折した。その魂を受け継ぐ子孫達の活躍に期待したい。

国立感染症研究所
http://www.nih.go.jp/niid/ja/aboutniid.html

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する