(検証) がんばれ土屋アンナ!~土屋アンナ舞台問題と著作権~

土屋アンナさんの初舞台が問題になっている。主催者側は土屋さんに法的措置も辞さないという。土屋さんは本当に悪いのだろうか?

この問題の最も重要なポイントは2つに分けられる。一つは「原案」と「台本」の類似性を問う著作権の問題、もう一つは土屋さん又はその所属事務所が舞台の主催者側と交わした出演契約に基づく債務不履行だの問題だ。

著作権の話から検討してみたい。今回の舞台「誓い~奇跡のシンガー~」の「台本」には、濱田朝美さんの「日本一ヘタな歌手」(光文社)が「原案」である旨が明記されている。重要なのは「原案」と「台本」がいかに類似しているかだ。

色々なサイトを調査したが、「原案」と「台本」のストーリーはほ似ていて、ラストシーンだけが衝撃的な内容に変更されているようだ。これは脚本家の甲斐氏の意向によるものだそうだ。
http://trendnews-b.com/2627.html

原著作物とそれに基づく著作物の関係は、後者がいかに独創性(オリジナリテイ)があるかで権利関係が異なってくる。今回の場合、「台本」のストーリーが「原案」と異なる部分が多ければ別個の著作物として認められる可能性があるが、ストーリーは途中までほぼ似ていて、ラストシーンだけが異なるというのであれば、「台本」は「原案」の二次的著作物とみなされると考えてよいだろう。

他者が原著作者の許諾なく勝手に二次的著作物を作成することはできない。「同一性保持権」「翻案権」「上演権」「二次的著作物に関する原著作者の権利」の侵害であるとして、原著作者である濱田さんが甲斐氏を著作権侵害で訴訟を提起して争える余地は十分にある。

芸能界の場合、通常は原著作者に断りを入れるか、ある程度の金を渡して一筆サインしてもらうことが多い。今回の場合、一応弁護士を通じて甲斐氏と濱田さんは話し合ったようだが、このときに「台本」は完成していなかたようだ。もし衝撃的なラストシーンに書き換えられた「台本」の最終版を見ていなかった濱田さんが「著作者人格権を行使しないこと」「著作財産権を譲渡すること」を契約書でサインしたとしても、台本の最終版を見ていない旨を裁判で立証できれば、その契約は無効とみなされ、著作権侵害が認められる可能性は十分あるだろう。(ちなみに、悪知恵を働かせる奴らは世の中にたくさんいる。安易に契約書・誓約書に押印・サインすることは控えるべきだ)

② 債務不履行責任

債務不履行責任とは、平たく言えば①引き受けた仕事を納期を遅れずにきちんとやります(履行遅滞)、②引き受けた仕事に問題はありません(不完全履行)、③引き受けた仕事が遂行できなくなりましたなんてことはありません(履行不能)という3つの責任のことを言う。日本国民法第415条等に規定されている。甲斐氏のいう「法的措置」「損害賠償」の根拠はこの債務不履行責任を意味する。

今回の場合、土屋さん・所属事務所側が債務者、主催者側が債権者になる。本来は債務者の方が債権者に対して重い責任を負うのが普通だが、そもそも「法律違反している台本」というのは法律上の無効事由に相当するので、土屋さん・所属事務所側が「台本」の著作権法違反を証明できれば、債務不履行責任を負う必要はなくなるか、大幅に軽減されると考えてよいだろう。

(総括)
・今回の騒動の雌雄を決するのは著作権だろう。

・土屋さん側が勝つためには濱田さんと組んで、著作権に詳しい弁護士を雇って、甲斐氏が「台本」の最終版を見せて十分な説明をせずに濱田さんの了解を取得したことを証明し、その際の契約(あればだが)は無効であることを証明することだ。こうすれば、甲斐氏の「同一性保持権」「翻案権」「上演権」「二次的著作物に関する原著作者の権利」の侵害を争える。土屋さんの債務不履行責任も免れるだろう(完全ではないかもしれないが)。

・今回の騒動で分かったのは土屋さんの人柄だ。土屋さんは著作権や債務不履行責任に関してどれだけお詳しいかは分からないが、彼女の濱田さんへの思いやりがすべてを物語っている。

・主催者側、特に甲斐氏の手法は強引だ。彼は自分の力を過信しているばかりか、障がい者を見下している言動を繰り返しているようで、公共の福祉・社会通念からも土屋さんの主張が認められるべきだ。

・もっともよい解決策は、再度甲斐氏・濱田さん・土屋さん・監督等の関係者が話し合い、皆が納得するストーリに変更することだ。これだけ話題になったのだから、この舞台は興行的に成功するだろう。同義的にも法的にもファンにも納得がいくだろう。


~~~~~~
舞台中止騒動の発端は台本…土屋アンナ、主人公の死に不信感
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130801-00000052-spnannex-ent
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する