(旅日記) 被災地を歩く

日和山公園の階段を下りていきます。そこは、テレビでよく見る被災地の光景が広まっていました。
IMG_3587.jpg

ここには約2400世帯の家がぶっしりと建っていたとタクシーの運ちゃんからききました。今は荒涼としています。
IMG_3588.jpg

病院で診察を受け、薬をもらいに薬局へいき、その後バスで家へ帰る。そんなありふれた日常を津波が一瞬で奪ってしまった思うと胸が痛みます。
IMG_3600.jpg

IMG_3599_20130310225007.jpg

IMG_3601.jpg
IMG_3597.jpg

おそらく犠牲になられた方が住んでいらしたのだろう。震災を心に刻むために写真を掲載させていただきました。安らかにお眠りください。
IMG_3593_20130310225009.jpg

IMG_3591.jpg

IMG_3590.jpg

これがいわゆる「震災がれき」である。いつから日本人は「困ったときはお互い様」という精神を忘れてしまったのか。新潟県の馬鹿知事や山本太郎をはじめ、愚かな連中が瓦礫の受け入れに反対している。「絆」という言葉に偽善性を感じざるをえないのはこういう馬鹿どものせいだ。一度ここを訪れてから意見を言ったらいい。放射能はおよそ問題ないレベルだ。
IMG_3598.jpg

石巻市役所 放射能情報
http://www.city.ishinomaki.lg.jp/bousai/sinsai/housyasen_kai.jsp

門脇小学校校舎。
IMG_3607.jpg

テーマ : 東北旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する