(旅日記) 下田歴史散歩

白浜から下田方面へ向かう。国道135号線の距離は短いが、小高い丘と山を越えるワインデイングロードである。外浦海岸を越え、柿崎交差点を左折する。

車を弁天島のマリーナ近くに止めた。まず向かったのが吉田松陰が一晩身を隠したという弁天島。神社があり、ここで一晩過ごしたのだろう。
IMG_0777.jpg

1854年、この海の沖に黒船が停泊していて、松蔭はここから黒船目指して小船を漕いだのだろう。
IMG_0771.jpg

記念公園に行ってみた。この案内板には弟子の金子と松蔭が必死に黒船を目指して船を漕いでいる姿が絵に描かれている。こうした気概は男の本懐である。未来は自分の力で切り開いていくものだ。
IMG_0770.jpg
IMG_0774.jpg
IMG_0772.jpg

次に向かったのが玉泉寺。1956年9月3日、アメリカ総領事タウンゼント・ハリスがここ玉泉寺にやってきて、初代アメリカ領事館が開設された。この日から約2年間、この寺に星条旗が高々と掲げられた。この寺は、日米関係の始まりといっていい由緒ある場所だ。
IMG_0783.jpg

ノーベル平和賞も受賞したカーターさんが大統領の現役だった時にこの寺を訪れた。立派な記念碑が建っている。
IMG_0780.jpg

玉泉寺公式サイト
http://www1.ocn.ne.jp/~gyokusen/

この玉泉寺に置かれたのはアメリカ総領事館(Council General of The United States)である。現在は大阪にある。
http://japanese.osaka.usconsulate.gov/ja/index.html

一方、東京・六本木にあるのはアメリカ大使館(Embassy of The United States)である。
http://japanese.japan.usembassy.gov/index.html

大使(Embassy)と領事(Council)は似ているが、国際法および外交慣習上、その保護・権限に違いがある。大使は国家間で外交関係が樹立されていないと設置できない。一方、領事は外交関係がなくても設置できる。その代わり、大使には領事より広い特権が認められている。

Vienna Convention on Diplomatic Relations 外交関係に関するウイーン条約
http://untreaty.un.org/ilc/texts/instruments/english/conventions/9_1_1961.pdf

Vienna Convention on Consular Relations 領事関係に関するウイーン条約
http://untreaty.un.org/ilc/texts/instruments/english/conventions/9_2_1963.pdf

例えば、台湾と日本は建前上外交関係がないので、台湾に日本大使はいないし、日本大使館もない。しかし、台湾と日本の交流は旺盛であり、日本でも台湾は「親日国」として有名だ。実務上は財団法人交流協会(本部・東京六本木)が実質的に領事館として機能している。

(財)交流協会
http://www.koryu.or.jp/taipei/ez3_contents.nsf/Top

テーマ : 伊豆の旅 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する