FC2ブログ

(旅ニュース) 京急・蒲田の乱

来週5月16日(日)、京浜急行はダイヤ改正を実施する。
http://www.keikyu.co.jp/corporate/press/press_files/100507.shtml

これは六郷土手-京急蒲田-平和島駅間の上り線が高架化されることに伴うものだ。車を運転する人ならお分かりだと思うが、京急は環状八号線・国道15号線という、日本でも有数の渋滞道路に踏切を堂々と放置してきた。世田谷方面から環八と15号線を通って品川方面で向かおうとすると、2回も京急の踏切を渡る必要がある。朝夕の渋滞は深刻だ。

現在上り線が仮高架になっているが、16日に本高架線を走るようになる。仮上り線は今度は仮下り線として使用される予定だ。また、単線となっている空港線の京急蒲田駅も複線化される。
http://www.keikyu.co.jp/train/news/100218.pdf

周辺道路の渋滞が緩和され、運転本数も増えてハッピー、といけばよかったのだが、そうは問屋がおろさなかった。新しくなる「エアポート快特」が、品川-羽田空港間をノンストップで運転すると発表されたからだ。この電車は京急蒲田駅を通過する。大田区は京急線の高架事業に、200億円ものお金を費やしてきた。「京急蒲田駅通過問題対策本部」と「京急蒲田駅通過反対区民協議会」が結成され、怒りが爆発している。

京急ダイヤ改正に対する大田区の対応について
http://www.city.ota.tokyo.jp/oshirase/mokutekibetsu/sumaimachinami/keikyudaiyakougi/index.html

京急蒲田駅が通過駅に格下げ 大田区庁舎内ゴタゴタ MSN
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/100507/tky1005072027011-n1.htm

「エアポート快特」の京急蒲田駅通過は、大田区にとって寝耳に水だっただろう。このダイヤ改正は実は4月下旬に一度発表されたのだが、この蒲田問題のため一度取り下げられた。ダイヤ改正の1週間前に再発表というのはなんと要領の悪いことだろう。

ライバルの東京モノレールは、「空港快速」という列車を走らせ、浜松町-羽田空港第1ターミナル駅をノンストップ16分で走らせている。東京モノレールは京急の羽田空港駅延伸開業後、客を奪われがちだった。そこで客を取り戻すべく生まれたのが「空港快速」である。これは途中に大きな駅がないからできる技だろう。
http://www.tokyo-monorail.co.jp/timetable/

また、多くのバス会社が羽田空港行きのバスを走らせている。京急も競争上、品川から羽田までのノンストップの列車を走らせたい気持ちは分かるが、モノレールと同じことをやるのは無理があるだろう。大田区の怒りはもっともだ。

新しいダイヤはとにかくややこしい。エアポートではない「快特」は京急蒲田駅にこれまで通り停車する。つまり「エアポート快特」と「快特」で停車駅が異なるのだ。利用者はしばらく混乱するだろう。
http://www.keikyu.co.jp/corporate/press/press_files/images/100422_3.gif

神奈川方面からは8両編成の「エアポート急行」が新設され、京急川崎駅で切り離し/増結するという特急電車が減るが、「エアポート快特」と異なり、空港線内は各駅に停車する。これが非常にイライラする。神奈川方面から人を呼び込みたいのであれば、「エアポート快特」を京急蒲田駅に止めた方がいいと思う。

個人的には、京急よりモノレールの方が好きです。高いところを走るので見晴らしが良く、座席も旅気分。空中散歩気分が味わえます。京急はトンネルが多く、電車も通勤電車そのものなので、旅気分が盛り上がらない。また、空港にしてもせわしない羽田より成田の方が好きです。あの国際空港としての落ち着いた雰囲気は最高です。羽田の新国際線ターミナルビルに期待しておりますが。

羽田空港国際線ビル駅の新設 (東京モノレール)
http://www.tokyo-monorail.co.jp/pre_kokusaisen_bldg/index.html

海外からの帰国の際は羽田の方が便利なので「行きは成田、帰りは羽田」という昨年上海に行ったときのやり方が、今後は定着するでしょう

テーマ : 旅情報を集めよう - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する