(旅日記) フランスメモ

・日本からフランスまでののフライトは約12時間。途中ロシア、スカンジナビア3国を通過していく(川崎市登戸からフランスのグルーノーブルまで、電車、飛行機、タクシーを使って23時間15分かかる)

・ロシア上空通過中、「OOスク」という名前だらけの地区を通過する。飛行機の座席に映し出される地図が「OOスク」という街名で埋め尽くされる

・フランスはアメリカと同じく右側通行

・フランスにもETCは存在するが、日本と異なり、一時停止しなければならない

・TGVも含め、あらゆる都市がパリと結ばれている。逆を言うと、クルマを除いて電車で地方間を移動しようとすると1日に数本しか電車・バスがない場合が多い

・シャルル・ド・ゴール空港にトランジットホテルはないが、シェラントンがある。ロビーでくつろげるが、何か飲み物を注文しなければならない

・シャルル・ド・ゴール空港からパリ市街地まで、地下鉄で30分程度かかる

・シャルル・ド・ゴール空港ターミナルから新幹線TGVが発着している

・フランスの電圧はオーストラリアとほぼ同じ220V(日本は100V)。日本の電化製品を使うには変圧器が必要

・フランスの電気プラグは2ピンのCタイプが主で、3ピンのSEタイプと呼ばれるものもある

・商品の価格は1ユーロ=100円と考えればよい。但し、実勢レートは1ユーロ=140円(2009年10月現在)程度なので、一般庶民の感覚だと日本の物価の約1.4倍する

・田舎に行くほど英語が通じなくなる傾向があるが、基本的に何とかなる。ホテル・空港・駅等は英語でOK!タクシーは運ちゃんによる

・治安は概してよい。但し、パリのストリップ等では大通りに面している店でもぼったくりが多いと現地の方が言っていた。さらに白タク、引ったくりと置き引きが多い。日本人が一番巻き込まれるのは置き引きだそうだ

・路上駐車する際、本当に前と後ろの車にゴンゴン、とバンパーにぶつけていた。ちょっと感動

・フランス語には「おはようございます」の表現がない。朝も昼も「ボンジュール」である

・フランスはとても親日国。相撲・サッカーは特に人気が有り、サッカー選手の中田さんと中村俊輔さんはとても有名

・フランスに限らず、ヨーロッパの街は本当に中世のよう。とても素敵である

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する