FC2ブログ

(物語) サンタクロースを追いかけて

1955年、米国コロラド州のコロラド・スプリングス市に本拠地を置くシアーズ ローバック社は全米一の売上を誇る小売店だった。

クリスマス商戦の一つだったのだろう、シアーズ ローバック社が子供向けにサンタクロースへの直通電話を開設した。その電話番号は新聞の広告にも掲載された。ところがとんでもない間違いで、その番号は米国航空防衛を担う中央防衛航空軍(CONAD)の司令部の司令官用直通電話だった。

その司令用電話に一本の電話がかっかてきた。応対したのはハリー・シャウプ大佐(当時)。シャウプ大佐は自分の名を名乗ったが相手は無言。シャウプ大佐は「もしもし、聞こえますか?」と続けた。この電話番号は米軍の中でも限定された人間しか知らない。一体誰からの電話なのか。当時、米国はソビエト連邦と対峙していた。スパイや偽の電話など、色々な可能性が考えられた。しかしその電話の声の主は意外だった。小さな女の子が震え声でこう質問してきた。

「あなたは本当にサンタクロースですか?」

シャウプ大佐は、一体誰なのかを問い詰めた。なぜ少女がこの電話番号を知っているのか。のちにシャウプ大佐は、あの時自分は無愛想でセンスがなかったと振り返っている。話を聞いていると、どうもその子は本当にここをサンタクロースの家だと勘違いしているようだった。そして本当にサンタクロースがこの世にいることを信じているようだった。シャウプ大佐は機転を利かせてこう応えた。

「軍隊のレーダーで調べたところ、どうやらサンタクロースは家のある北極から南へ向かった形跡がある」

その夜、サンタクロースを信じる子供から次々と電話がかかってきた。サンタクロースは今どこにいるのか、プレゼントは何か、そのほぼすべての電話に、シャウプ大佐は丁寧に応対したという。

~~

この話はすぐに全米中で話題になった。子供の夢を壊すまいと懸命に応対したハリー・シャウプ大佐に多くの人が賛辞を送った。そしてCONADの任務を受け継ぐ北米航空宇宙防衛司令部(North American Aerospace Defense Command)は、シャウプ大佐の行動に敬意を表し、毎年クリスマスになると、サンタクロースを追跡する作戦 "Red Big One"を展開するのが恒例行事となっている。

2018年12月24日午前2時1分(米国東海岸時間)、63年を迎えた今年もサンタクロース追跡大作戦が始まる。子供たちの夢を乗せて。


North American Aerospace Defense Command
http://www.norad.mil/

NORAD Tracks Santa
https://www.noradsanta.org/#section-village

NORAD Tracks Santa program kicks off for 2018
http://www.norad.mil/Newsroom/Press-Releases/Article/1701351/norad-tracks-santa-program-kicks-off-for-2018/

テーマ : ちょっといい話 - ジャンル : ブログ