スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波乗り日記 入田浜1R


晴天 波 セットコシ 無風

久しぶりの南伊豆はなかなかいい波でのスタート。入田浜の風景は素晴らしい。気持ちいい波乗りができました




スポンサーサイト

(波乗り日記) 南伊豆へ

東名川崎ICから中井PAまで50分ほど。渋滞しないと東名は速い。この中井PAはファミリーマートがあって便利。しかし、ここでもエロ本を売らんでもよいのではないだろうか。

中井PAで休んだ後、御殿場JCTから新東名へ。新東名は走りやすくていいねー。はやく海老名まで伸びないかな。新東名の長泉沼津ICから伊豆縦貫道へ。三島塚原ICから函南大場ICまて延伸になったのでものすごく便利になった。東名沼津インター下のぐるめ街道は大丈夫だろうか。

伊豆中央道、修善寺道路、天城北道路と突き抜けて天城湯ケ島の街を過ぎる。ビブリア古書堂の栞子さんなら喜びそうな文豪達が逗留さた宿が残っている。川端康成の名作、伊豆の踊り子もここで書かれたとか。あいにく私は西村京太郎の方が好きである。間もなく蛍が飛び交う季節である。出会い橋のあたりが風情があってよいです。

浄蓮の滝を過ぎ、道の駅天城越えにてご休憩。ここで食べるわさびソフトクリームがうまい。さて出発。新天城トンネルを抜け、河津ループ橋をくるくるまわる。この辺りは映画テルマエロマエの撮影でも使われた場所だ。超えるに越えられない天城越えも、国道414号線を使えば約1時間で越えられる。便利な時代である。なお、今は伊豆半島に到達しているのか微妙な伊豆縦貫道が建設中である。これが全通すると、沼津から下田まで劇的に短縮されるだろう。

車は河津 桜で有名な河津の街に差し掛かる。ここで海沿いを走る国道135号線と合流する。あとは海沿いに国道を走る。海沿いといっても意外と山道である。展望台の尾ケ先ウイング
から下田白浜海岸が一望できる。白浜海岸を過ぎると、いよいよ下田の街へ。スーパーの下田とうきゅうの駐車場がやや新しくなっていた。

さあ、あと一息。中島橋交差点から国道136号線と名前が変わる。トンネルを幾つか抜け、多々戸海岸入り口を通過、パチンコ吉佐美の廃屋を左折すると狭い道路へ。宿河原出発5時間で南伊豆入田浜に到着です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。