(追悼)  福知山花火大会

夏は子供が一番輝く季節だ。夏祭り、盆踊り、プール、海水浴、そして花火大会。真夏の夜空に大輪を咲かせる花火は子供だけではなく大人も心を奪われる。

その花火大会の会場で悲劇が起きてしまった。ある女性は見知らぬ子供を守るために身を挺して炎から子供を守ろうとしたという。しかし本当に残念なことに、その女性も子供も天国へと旅立ってしまった。

本当に大事なことは、テキ屋を排除することではなく、安全と安心を確保することではないのか。火気を取り扱う者は、危険物取扱者といった資格を義務付けるべきではないのか。尊い犠牲を無駄にしては決してならない。

すべての犠牲者のご冥福をお祈りし、怪我をされた方々の快方を心より祈念いたします。

(旅日記) 葉山

IMG_0411_201308192154596c2.jpg


真夏の風物詩、葉山への海水浴の季節がやってきました。最高気温36度のこの日、JR南武線宿河原駅から武蔵小杉駅へ。川崎方面の乗り換え階段の横には新しくエレベーターとエスカレーターが完成していた。これで正式に連絡通路が完成したことになる。

武蔵小杉駅で横須賀線に乗り換えて逗子駅へ。約50分の小さな旅です。逗子駅は人混みがすごい。
IMG_0404.jpg

ここから京急バスで葉山町・一色海岸へ。すっか馴染みのフジヤさんへ。おばちゃんは元気でなにより。今年から看板が付いたのね。
IMG_0405.jpg

IMG_0406.jpg

IMG_0408.jpg

海へ続く小道を歩く。風情があっていい。
IMG_0396.jpg

海岸に着くとお世話になっている海の家「一色ロイヤルビーチ」へ。今年は海の家のクラブ化が江ノ島や鎌倉や逗子で問題になっている。葉山はいつまでも安心で安全で楽しめる場所であって欲しい。隣の逗子や鎌倉は規制が厳しくなっている。キマグレンの音霊STUDIOも来年は営業できなくなるだろう。
IMG_0413.jpg

IMG_0410.jpg

IMG_0416.jpg

おでんにかき氷がうまい。
IMG_0415.jpg

夕暮れが葉山を包む。一色ロイヤルビーチが5時で営業を終了してしまうので、隣のBlue Moonへ移る。コロナビールがうまい。
IMG_0417.jpg

IMG_0356.jpg

朝日新聞デジタルに「葉山からはじまる」というコラムがある。Blue Moonについても記事になっている。昔に比べれば夏に葉山を訪れる若い人が増えた気がする。昔、東京で夏の若者が行く海と言えば茅ヶ崎、江ノ島、鎌倉が多かった。復活したサザンオールスターズも葉山をテーマにした唄は記憶にない(TUBEには「葉山でDance It's All Right」という唄がある)。

葉山といえば隠れ家的な穴場のスポットで、家族連れが行くところだった。この流れを変えたのが森戸海岸の海の家「OASIS」、一色海岸の「海小屋」と「Blue Moon」だろう。これらは一色ロイヤルビーチのような既存の海の家とは異なり、フィジーやニューカレドニアといった南の島にあるようなビーチハウスをイメージした造りになっており、葉山の独特の時の流れと音楽とゆったりとしたライフスタイルに魅せられる人が増えたのだろう。

葉山から、はじまる(朝日新聞)<27>ビーチカルチャーを変革した「海の家」
http://www.asahi.com/and_w/life/TKY201307180070.html



そして一色海岸から森戸海岸へ移動。葉山の夏の風物詩「森戸の浜の盆踊り」に参加。今年は葉山盆楽団の皆さんが踊りの前に振り付けを丁寧に教えてくれたので、難解な「葉山音頭」がようやく習得できました。
IMG_0351.jpg

IMG_0359.jpg

IMG_0360.jpg

浜を吹きぬける夜風が気持ちいい。

テーマ : 神奈川 - ジャンル : 地域情報

(波乗り日記) 鵠沼

快晴 波 set コシ フェイスA  無風 

最高気温36度・・・ 3月に一宮へ波乗りへ行ったときの最高気温が5度だったのが懐かしい。この日は登戸から成城学園前駅へ向かい、から夏だけ走る臨時ロマンスカーで片瀬江ノ島駅へ行く。
IMG_0336.jpg

IMG_0338.jpg

IMG_0340.jpg

片瀬江ノ島駅は小田急史上初のライトアップがされるらしい。この駅、竜宮城みたいな駅なんだよな。
http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/8003_4804874_.pdf

一駅戻って鵠沼海岸駅へ。鵠沼海岸の街も夏全快です。
IMG_0343.jpg

この日は意外にも海に入っているサーファーはあまりいなかった。ラッキー。波はセットでいい感じで入ってくる。20本くらい乗りまくりました。

IMG_0346.jpg


IMG_0344.jpg


テーマ : サーフィン・ボディボード - ジャンル : スポーツ

(旅ニュース) 森戸の浜の盆踊り

本日、葉山町の森戸海岸で毎年恒例の「森戸の浜の盆踊り」が開催される。

http://bonfes.exblog.jp/20644241/

テーマ : 神奈川 - ジャンル : 地域情報

(波乗り日記) 御宿(漁港) 2R 

IMG_0169.jpg

快晴 波セットヒザ フェイスA 

天気がいい朝。朝一で海に入りました。波は小さいけどフェイスはいい。インサイドで乗りました。御宿なのに鵠沼状態。
IMG_0163.jpg

IMG_0166.jpg

IMG_0168.jpg

海水浴場開設に伴い、監視塔が立てられていました。
IMG_0174.jpg

御宿の短い夏が始まります。

テーマ : サーフィン・ボディボード - ジャンル : スポーツ

(音楽) ~夏唄~ 夏の日の1993 (Class)

思いで深いClassの「夏の日の1993」。ハスキーな声の津久井さんの歌声をもう一度聞いて見たい。


夏の日の1993 YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=jQOt3lukitk

夏の日の1993 goo歌詞
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND3408/index.html

テーマ : 音楽 - ジャンル : 音楽

(波乗り日記) 御宿(漁港) 1R

晴れ 波セットコシ フェイスA 

IMG_0162_20130804100808388.jpg

海開き前最後の日。波は小さいけど楽しめました。

テーマ : サーフィン・ボディボード - ジャンル : スポーツ

(検証) がんばれ土屋アンナ!~土屋アンナ舞台問題と著作権~

土屋アンナさんの初舞台が問題になっている。主催者側は土屋さんに法的措置も辞さないという。土屋さんは本当に悪いのだろうか?

この問題の最も重要なポイントは2つに分けられる。一つは「原案」と「台本」の類似性を問う著作権の問題、もう一つは土屋さん又はその所属事務所が舞台の主催者側と交わした出演契約に基づく債務不履行だの問題だ。

著作権の話から検討してみたい。今回の舞台「誓い~奇跡のシンガー~」の「台本」には、濱田朝美さんの「日本一ヘタな歌手」(光文社)が「原案」である旨が明記されている。重要なのは「原案」と「台本」がいかに類似しているかだ。

色々なサイトを調査したが、「原案」と「台本」のストーリーはほ似ていて、ラストシーンだけが衝撃的な内容に変更されているようだ。これは脚本家の甲斐氏の意向によるものだそうだ。
http://trendnews-b.com/2627.html

原著作物とそれに基づく著作物の関係は、後者がいかに独創性(オリジナリテイ)があるかで権利関係が異なってくる。今回の場合、「台本」のストーリーが「原案」と異なる部分が多ければ別個の著作物として認められる可能性があるが、ストーリーは途中までほぼ似ていて、ラストシーンだけが異なるというのであれば、「台本」は「原案」の二次的著作物とみなされると考えてよいだろう。

他者が原著作者の許諾なく勝手に二次的著作物を作成することはできない。「同一性保持権」「翻案権」「上演権」「二次的著作物に関する原著作者の権利」の侵害であるとして、原著作者である濱田さんが甲斐氏を著作権侵害で訴訟を提起して争える余地は十分にある。

芸能界の場合、通常は原著作者に断りを入れるか、ある程度の金を渡して一筆サインしてもらうことが多い。今回の場合、一応弁護士を通じて甲斐氏と濱田さんは話し合ったようだが、このときに「台本」は完成していなかたようだ。もし衝撃的なラストシーンに書き換えられた「台本」の最終版を見ていなかった濱田さんが「著作者人格権を行使しないこと」「著作財産権を譲渡すること」を契約書でサインしたとしても、台本の最終版を見ていない旨を裁判で立証できれば、その契約は無効とみなされ、著作権侵害が認められる可能性は十分あるだろう。(ちなみに、悪知恵を働かせる奴らは世の中にたくさんいる。安易に契約書・誓約書に押印・サインすることは控えるべきだ)

② 債務不履行責任

債務不履行責任とは、平たく言えば①引き受けた仕事を納期を遅れずにきちんとやります(履行遅滞)、②引き受けた仕事に問題はありません(不完全履行)、③引き受けた仕事が遂行できなくなりましたなんてことはありません(履行不能)という3つの責任のことを言う。日本国民法第415条等に規定されている。甲斐氏のいう「法的措置」「損害賠償」の根拠はこの債務不履行責任を意味する。

今回の場合、土屋さん・所属事務所側が債務者、主催者側が債権者になる。本来は債務者の方が債権者に対して重い責任を負うのが普通だが、そもそも「法律違反している台本」というのは法律上の無効事由に相当するので、土屋さん・所属事務所側が「台本」の著作権法違反を証明できれば、債務不履行責任を負う必要はなくなるか、大幅に軽減されると考えてよいだろう。

(総括)
・今回の騒動の雌雄を決するのは著作権だろう。

・土屋さん側が勝つためには濱田さんと組んで、著作権に詳しい弁護士を雇って、甲斐氏が「台本」の最終版を見せて十分な説明をせずに濱田さんの了解を取得したことを証明し、その際の契約(あればだが)は無効であることを証明することだ。こうすれば、甲斐氏の「同一性保持権」「翻案権」「上演権」「二次的著作物に関する原著作者の権利」の侵害を争える。土屋さんの債務不履行責任も免れるだろう(完全ではないかもしれないが)。

・今回の騒動で分かったのは土屋さんの人柄だ。土屋さんは著作権や債務不履行責任に関してどれだけお詳しいかは分からないが、彼女の濱田さんへの思いやりがすべてを物語っている。

・主催者側、特に甲斐氏の手法は強引だ。彼は自分の力を過信しているばかりか、障がい者を見下している言動を繰り返しているようで、公共の福祉・社会通念からも土屋さんの主張が認められるべきだ。

・もっともよい解決策は、再度甲斐氏・濱田さん・土屋さん・監督等の関係者が話し合い、皆が納得するストーリに変更することだ。これだけ話題になったのだから、この舞台は興行的に成功するだろう。同義的にも法的にもファンにも納得がいくだろう。


~~~~~~
舞台中止騒動の発端は台本…土屋アンナ、主人公の死に不信感
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130801-00000052-spnannex-ent

(波乗り日記) 圏央道で御宿へ

IMG_0168.jpg


圏央道の木更津東-東金間の延伸開通の記事を書いたが、3月以来なかなか御宿方面へは行けずじまい。ようやく行ってきました。

相変わらず混む川崎市街を避け、第三京浜→首都高→アクアライン→アクア連絡道→圏央道へと進む。遂に木更津東まで来た!おっと、ここからは対面通行。富津館山道路(館山道)の君津ICから先と同じようだ。真新しい道路は気持ちいい。トンネルが多いです。

この延伸部分で注意が必要なのは、トイレ休憩ができるSA・PAがないことだ。高滝湖PAが設置予定だが、4月の開通時点ではまだ工事中である。と思ったら7月12日に内回り(木更津→東金方面)は新規開業!!パチパチパチ。新しいトイレは行くしかないでしょう。外回り(東金→木更津方面)は鋭意工事中です。

圏央道高滝湖PA 7月12日(金)午前10時 内回りのみオープン
http://www.town.shirako.lg.jp/cmsfiles/contents/0000001/1179/utimawari.pdf

IMG_0151.jpg

IMG_0152.jpg

IMG_0153.jpg

トイレをすませ出発進行。ここから市原鶴舞ICはすぐ。南伊豆へ行く時の伊豆縦貫道でも同じ事を感じたが、高速道路はやはり非常に便利。もう上総牛久の踏み切りを渡る事はなさそうだ。

国道297号線に出ていつもの道へ。大多喜町の前にある「大多喜ヘアピンカーブ」を無事通過、大多喜町に入る。この旅始まって最初のファッションセンターしまむらとコメリに遭遇。御宿へはこの大多喜町から左へ曲がってもいけるが、このまま297号線を直進。30分弱ほどで勝浦に到着。ここから国道128号線へ左折。部原を超えて御宿へ無事到着しました。



テーマ : サーフィン・ボディボード - ジャンル : スポーツ