(波乗り日記) 今井浜

IMG_5268.jpg

晴 波 セットコシ フェイスB(ダンパー)

初めてのサーフスポットというのはワクワクする。波乗り暦15年目にして今回初めて入るのが今井浜。下田から国道135号線を一路伊東・東京方面へ走る。あ~あ、大好きな下田・入田浜を離れるのは寂しいなあ。

行きに来た道を戻り、河津を通り越すと今井浜へ到着。下田から35分くらいの距離だ。国道から狭い道を走って駐車場へ。クルマを止めて500円を払った。隣にいたサーファーさんにボトム(海底)の状況を聞く。初めて海に入るときに絶対に周りの人に聞いておかなければいけないのが、ボトムとカレント(海流)の二つ。下がリーフ(岩礁)・ロック(岩)だと大怪我をしてしまう。カレントは知らないと流されて遭難してしまう。

IMG_5267.jpg

IMG_5272.jpg

IMG_5273.jpg

IMG_5270.jpg

今井浜は中央がメイン、右側が「エビス」、さらにその右の沖が「ウシガネ」になっている。メインのボトムが砂、エビスが玉石、ウシガネがリーフだそうだ。砂浜からチェックしてみると、ウシガネが一番いい波が立っていた。

体力と時間を考慮してウシガネはやめてメインで入ることに。これから天城峠を越えて川崎の宿河原まで帰らなければならないし。波がダンパーなこと以外申し分なし。この日の朝一の入田浜がほぼヒザ~フラットになっていたが、セットでコシのなみが数本入ってきた。セット間隔は長めだったけど。

結局5本くらいしか乗れなかったが、楽しかったです。また来たいです。








テーマ : サーフィン・ボディボード - ジャンル : スポーツ

(旅日記) ペリーロード

IMG_5243_20130526000903.jpg

下田のペリーロードは、京都の祇園白川を髣髴させる風情のある通りです。なんでもあのペリー提督通ったらしい。

IMG_5249.jpg

IMG_5248.jpg

このペリーロードには趣があるカフェが並んでいる。「風待工房」もそのひとつだ。ご主人の趣味のいい調度品が並べられています。おいしいコーヒーを頂きました。レトロな時代を楽しみつつ、大好きな下田を出発します。

IMG_5252.jpg

IMG_5250.jpg


風待工房 (食べログ)
http://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220503/22016417/

テーマ : 下田・南伊豆 - ジャンル : 旅行

(音楽) ありがとう  (FUNKY MONKEY BABYS)

6月2日の東京ドーム公演を最後に解散するFUNKY MONKEY BABYS。ラストシングルが「ありがとう」。

ファンモンとの出会いはスカパーのVMC(現スペースシャワーTVプラス)の桜ソングス特集だ。"Lovin Life"がランクインしていて、中島朋子さんが先生の役で卒業式をテーマにしたPVが印象的だった。

ファンモンのPVとCDのジャケット写真はいつも印象的で、PVの主役がそのままドアップでCDのジャケット写真になる。「ヒーロー」が羽鳥アナ、「サヨナラじゃない」が内村光良さん、そしてこの「ありがとう」が明石家さんまさんといった感じだ。

ファンモンの曲には賛否があって、いつも曲調が同じだという意見もある。それは否定しないが、閉塞感漂う時代に元気をもらった。PVもその曲にあったドラマ調になっており、とてもいい。

ファンキー加藤、モン吉、そしてDJケミカルの3人で構成されるFUNKY MONKEY BABYS。DJケミカルさんが実家の住職を継ぐことはファンモン結成時から分かっていたことで、ケミカルさん無しにFUNKY MONKEY BABYSは存続し得ないとメンバーは結論したそうだ。

よく芸能人のチームは実際には仲が良くないという話を聞いて残念な気持ちになるが、ファンモンの3人は本当に仲が良いのだろう。私はとてもうれしい。

最後のステージでも元気な姿を見せて欲しい。


「ありがとう」動画 FUNKY MONKEY BABYS (You Tube)
http://www.youtube.com/watch?v=bbFeESSyFq0

「ありがとう」歌詞 FUNKY MONKEY BABYS (goo歌詞)
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND140374/index.html

テーマ : J-POP - ジャンル : 音楽

(音楽) 風の日  (ELLEGARDEN)

現在活動を休止しているELLEGARDENの名曲「風の日」。

子供の頃、早く大人になりたいという気持ちと、大人になんかなりたくないという気持ちが入り混じっていた気がする。そんなことはお構いなしに、時間は容赦なく過ぎて今に至る。

大人になった今の日本には閉塞感が漂っている。私が勤める会社も早期退職制度が実施されたり、リストラの嵐が吹き荒れていて、こんなことは子供の頃には想像もしなかったことだ。将来に対して漠然と不安を抱えているのは、子供の頃と何も変わらない。

~~
雨の日には濡れて 晴れた日には乾いて
寒い日には震えてるのはあたり前だろ
次の日には忘れて 風の日には飛ぼうとしてみる だから

雪の日には凍えて 雷には怯えて
月の日には邊りがよく見えたりもしてて

次の日には忘れて 風の日には飛ぼうとしてみる
そんなもんさ 僕らは そんなもんさ
~~

傘を忘れて雨が降りゃ濡れるし、楽しいときは笑うし、悲しいときは泣くし、嬉しいときも笑うし、将来にはなんとなく不安になる。子供の頃と何も変わらない。少し違うのは、無邪気に今日より明日の方がいいって思えないことだ。

でも、やれるだけやってみようじゃないの。「風の日」が本当に来るかは分からないけど、飛ぼうとしてみよう。そんな気持ちにさせてくれる唄です。


「風の日」動画 ELLEGARDEN (You Tube)
http://www.youtube.com/watch?v=2pD2FMO4gZ0

「風の日」歌詞 ELLEGARDEN (goo歌詞)
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND45263/index.html

テーマ : 邦楽 - ジャンル : 音楽

(風景写真) 南伊豆の風景

IMG_5210_20130524003357.jpg


IMG_5224.jpg


IMG_5202.jpg


IMG_5243.jpg


IMG_5203.jpg


IMG_5194.jpg

テーマ : 下田・南伊豆 - ジャンル : 旅行

(波乗り日記) 入田浜 3R

IMG_5216_20130524001931.jpg

快晴 フェイスB

波は昨日よりはよくない。波のフェイスが乱れ気味。風もオンショアで強い。天気は快晴でよいのだが。

IMG_5215.jpg

IMG_5213.jpg
IMG_5184.jpg
IMG_5262.jpg


テーマ : サーフィン・ボディボード - ジャンル : スポーツ

(波乗り日記) 入田浜 1R

IMG_5216_20130524001931.jpg


晴 フェイスA 波セットコシ

南伊豆最初の波乗り。多々戸寄りの一番レフトで海に入る。なかなかいい波が入ってくる。ブレイクもばちり。7年くらい前にこの入田浜でパーフェクトな波に乗ったことがあるが、それを彷彿させる。


IMG_5218.jpg

結局15本くらい乗りました。10本は本当にいい波。

テーマ : サーフィン・ボディボード - ジャンル : スポーツ

(旅日記) オーシャンサイド稲七

IMG_5219 (2)


尾ヶ崎ウイングから白浜海岸を抜けて下田の街へ。さらに吉佐美方面へ向かいます。久しぶりにやってきたのが入田浜にあるペンション「オーシャンサイド稲七」。最近は南房総御宿のサヤンテラスにばかり泊まっているが、この稲七も海沿いにある私の元祖常宿である。

IMG_5221_20130511183704.jpg

部屋から綺麗な海が見えます。
IMG_5222.jpg

IMG_5191.jpg


IMG_5220 (2)


以前もこのブログで紹介したが、蝦原友里さんがCanCamを卒業する時に撮影に訪れたのがここ入田浜と稲七である。その木が今もそびえている。
IMG_5222(2).jpg

IMG_5121(2).jpg

テーマ : 下田・南伊豆 - ジャンル : 旅行

(旅日記) 尾ヶ崎ウイング

IMG_5174.jpg

国道136号線にある展望台が「尾ヶ崎ウイング」。ここからは下田で一番人気のある白浜海岸が一望に見渡すことができる。

天気は快晴。風が心地いい。

IMG_5173.jpg

テーマ : 下田・南伊豆 - ジャンル : 旅行

(旅日記) 南伊豆へ ~伊豆縦貫道~

久々に南伊豆へ行きます。

東名川崎ICから東名を走り、御殿場JCT新東名へ入る。新東名は本当に走りやすい。ほどなく長泉沼津ICに到着。ここから長泉JCTを通って伊豆縦貫道を走ります。

この伊豆縦貫道、現在のところ沼津岡宮ICから三島塚原ICまでしか開通しておらず、伊豆を縦貫しているとは言えない。現在開通している区間は「東駿河湾環状道路」の一部を構成し、沼津・三島地域の環状道路として周辺道路の渋滞緩和に貢献することが期待されている。
http://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/305/485/html/16.jpg.html

計画では、今年度には三島塚原ICから大場・函南ICまで開通することになっている。東名沼津ICから大場・函南ICまで現在平均41分かかっているが14分に短縮されるようだ。東名沼津ICから国道1号線・136号線を通って伊豆中央道に入るルートを通ると渋滞に必ず引っかかるので朗報だ。
http://iizusiseirepo-to.up.seesaa.net/image/E4BC8AE8B186E381AEE98193E8B7AF.pdf

しかし、この伊豆縦貫道の弊害も出始めている。東名沼津ICから国道1号線までの連絡路(正式には静岡県道83号線と国道246号線)の沿道には多くの土産物屋やレストランが立ち並び、通称「沼津ぐるめ街道」と呼ばれている。湯河原の温泉のお湯が楽しめる「万葉の湯」沼津店もこの街道沿いにある。しかし伊豆縦貫道と新東名の開通により、ぐるめ街道を走る車の数が減ってしまい、最盛期には60軒ほどあったお店も今は30件ほどの減ってしまったそうだ。

「グルメ街道はどうなる?」SBS静岡放送(2010年11月8日放送)
http://www.at-s.com/sbstv/program/eye/2010/11/post_80.html

この状況に対し、ぐるめ街道のお店作る「沼津ぐるめ街道振興会」では新しい提案をしている。新しい変化に反発しているだけではなく受け入れていくこと、新しい仕組みや仕掛けを考案すること、行政も一緒になった連帯していくことなどだ。特にこれまで観光客重視のビジネスモデルを地元顧客重視のモデルに変換していくことが重要だと考えている。

修善寺・天城・下田方面へ向かう観光客にとって伊豆縦貫道は大変便利であり、この流れを変えることは難しいだろう。伊豆縦貫道に大規模なサービスエリアを作り、そこにぐるめ街道のお店を移設する、または2号店を出し、出店にあたり一部費用を行政が負担するというのが現実的ではないだろうか。新東名には多くのユニークなサービスエリアがあり、伊豆縦貫道でも十分展開が可能だと思う。また、沼津には全国的に有名な沼津港があり、沼津港には新鮮な魚料理を出す店が多い。沼津駅前にも大きな商店街がある。旧来のぐるめ街道はこれらと連携していくとよいと思う。

沼津ぐるめ街道振興会 「沼津ぐるめ街道」
http://www.numazu-gurume.net/map.html

その伊豆縦貫道を三島塚原ICまで走る。ここから国道1号線に入るが渋滞がひどい。今回も渋滞にはまった。早く大場・函南ICまで開通して欲しい。国道136号線にようやく入り、伊豆中央道・修善寺道路・天城北道路へ。大平ICまでくれば渋滞は関係ない。「出口」という珍しい名前の交差点、天城湯ヶ島の風情ある街、天城ループ橋、河津桜の沿道を通過していき、河津で海に出る。ここからは国道136号線を走る。ほどなく展望台、尾ヶ崎ウィングに到着する。

テーマ : 伊豆・箱根の旅 - ジャンル : 旅行

(波乗り日記) 鵠沼

晴 セットヒザ フェイスC

GW3日目に鵠沼へ行きました。波はあまりよくなかったけど、久々の湘南を満喫しました。次は南伊豆!

テーマ : サーフィン・ボディボード - ジャンル : スポーツ