(デジタル) au版iPhoneの死角

ドコモとソニーは蜜月の関係にあると言える。ウオークマンで世界を席巻した"SONY"にとって、Appleは天敵以外の何者でもない。さらにAppleは通信会社に厳しい販売ノルマを与えると言われている。当分の間、ドコモからはiPhoneは公式には出ないだろう。

一方、au(KDDI)は市場シェアでソフトバンクに猛追されている。明日26日に新製品発表会があり、前回に引き続き「公式リーク」して話題作りに励んでいるようだが、残念ながら富士通の「ARROWS Z(ISW11F)」、京セラの「DIGNO(ISW11K)」、HTC「EVO 3D(ISW12HT)」、MOTOROLAの『PHOTON(ISW11M)」では秋冬商戦は厳しいだろう。
http://http://netallica.yahoo.co.jp/collect/mark/226401

auにとって、起死回生の一発がiPhoneといえる。しかし問題はある。2月27日の記事でも書いたが、エリアが狭いことが予想されるのだ。
http://hayamabeach.blog39.fc2.com/blog-entry-308.html

日本のマスコミは、auの方がソフトバンクよりもエリアがいいと決め付けている。だがそれは普通の端末の場合だ。CDMA系の米Veriaon WirelessがiPhoneを発売したので技術的にはauも発売できるだろうが、アメリカ版は新800MHZ帯と1900MHZ帯の対応だ。auは旧800MHZ帯(来年停波予定)、新800MHZ帯と2GHZ帯を使用する。つまり、iPhone 4はこのうち新800MHZ帯にしか対応できないことになる。

2月の記事では、具体的に鵠沼海岸や南房総で使うことは難しそうだと書いたが、その後改善されたのだろうか。新型iPhoneの周波数対応にもよるが、iPhone 4と同じく新800MHZ帯にしか対応しないのであれば、当分の間はエリアがかなり制限されるだろう。当分の間はソフトバンクの方がエリアが広いと考えていた方が無難だろう。将来はともかく、今はまだau版iPhoneは待ちだと思う。
http://b2b.vzw.com/international/pdf/japan.pdf
http://ja.wikipedia.org/wiki/IPhone#iPhone_4

一つ指摘しておきたいことがある。これも以前記事に書いたが、現在でもiPhoneをドコモ網で使用することは可能だ。
http://hayamabeach.blog39.fc2.com/blog-entry-290.html

ドコモから通信設備を借り受けている日本通信だけではなく、今ではドコモ自身で堂々と契約ができるようになった。但し端末は「SIMフリー」と呼ばれる海外のiPhoneを自ら調達しなければならない。ところが、最近アメリカのAppleストア等でこれが買えるようになった。16GBで$649(約54000円)、32Gで$749(約6万円)である。
http://store.apple.com/us/browse/home/shop_iphone/family/iphone/iphone4?mco=MjU1NTYxNjI

もし日本のアップルストアでSIMフリーのiPhoneが発売されるようになったとしたら??ソニーの顔を立てつつ、ドコモはiPhoneの客も取ることができるだろう。今はまだパケット代がパソコン通信と同じ扱いになり、月あたり約1万300円かかってしまうので高いが、日本のアップルストアでSIMフリーiPhoneを販売するようなったらドコモはプランを変更する可能性は十分ある。これならドコモは販売ノルマを課されない。GoogleのAndroidに押されているAppleにとっても魅力的な話だ。

iPhoneをドコモで使いたいという需要は極めて高い。両者にとっておいしい話と言えるだろう。


他社製品の携帯電話機などをドコモのSIMカードでご利用する際の手続き(NTTドコモ)
http://www.nttdocomo.co.jp/support/procedure/simcard/other/index.html#p03

日本通信株式会社
http://www.j-com.co.jp/

テーマ : 携帯&モバイル関連ニュース - ジャンル : 携帯電話・PHS

(デジタル) "Xperia PLAY" &タブレット&プレイステーションVITA

NTTドコモとソニーグループは3種類の製品を発売する。

10月以降、ソニーエリクソンは"Xperia PLAY SO-01D"を発売する。ようやく日本でも発売される"Xperia PLAY"。しかし初代のプレイステーションのゲームしか遊べない。これでは後述する"PS VITA"に勝てないだろう。
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1109/14/news064.html

次にソニー初のタブレットPC、"SONY Tablet P"と"SONY Tablet S"がwiFi単体モデルとWiFi+ 3Gモデルの両方が発売される。3Gモデルはドコモから発売されるようだ。
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1109/01/news045.html

最後はソニー・コンピュータエンタテインメントが発売する次世代携帯ゲーム機「PS Vita」。12月17日に発売され、予約は10月15日から受付が始まる。3G回線も内蔵しドコモ網を使用する。価格はWi-Fiモデルが2万4980円、3G/Wi-Fi対応モデルが2万9980円。ドコモはVita向けに特別な料金プランを用意するとのこと。
http://gadget.itmedia.co.jp/gg/articles/1109/14/news045.html

ここまで見てきたとおり、ウォークマンは別として、ほぼすべてのソニー製品はドコモと関わりがある。そして最後、先週世間を騒がせたあのニュースにたどり着く(続く)

(デジタル) WALKMAN最前線

ソニーは12月に新型のウォークマンシリーズを発売する。

Android搭載の"MW-Z1000"シリーズ、最高音質を掲げるA860シリーズ、ミドルレンジはS760シリーズ、スポーツに適したヘッドフォンスタイルが"NWD-W263"シリーズがラインナップされている。
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1109/13/news085.html

MDウォークマン以来ソニーから遠ざかっている方が多いかもしれないが、AppleのiPodに比べてソニーのウォークマンは音がかなりいい。"MW-Z1000"シリーズは一見スマートフォンのXperiaにそっくりだ。前のX-1000シリーズが画面が小さかったので、今回の"MW-Z1000"シリーズの4.3インチという大画面で操作性がかなり向上するだろう。完全にiPod Touchを意識していると言えるだろう。

テーマ : 携帯&モバイル関連ニュース - ジャンル : 携帯電話・PHS

(デジタル) 新型iPhoneの件

もうすぐAppleは、新型iPhoneを発売する。Wall Street Journalのブログ"AllThingsD"によれば、米国時間10月4日(日本の5日)にAppleのスペシャルイベントが企画されているとの情報がある。
http://www.itmedia.co.jp/promobile/articles/1109/22/news022.html

例年6月のWorld Wide Developers Conference(WWDC)で新型iPhoneの発表がなされてきたが、今年は秋に遅れている。今年に入ってホワイトモデルの発売とCDMA版の米Verizon Wirelessの発売が始まったこと、そして東日本大震災で部材の調達に狂いが生じたことが理由として考えられる。

新型iPhoneについては例によって色々な噂が流れている。この10月に発売されるのはiPhone 4のマイナーチェンジ版に過ぎず、"iPhone5"ではなく"iPhone4s"だという噂もある。
http://reviews.cnet.com/iphone-5-rumor-roundup/8301-19512_7-20073431-233.html

どんな端末になるかは定かではないが、ひとつ確実に言えることは"iOS5"を積んでくること、"iCloud"という新サービスが始まり、もうPCと紐付ける必要はなくなる。
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1106/07/news024.html

新型iPhoneは、アメリカではAT&TとVerizonに加えて、3位のSprint Nextellでも発売が開始されと報道されいる。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1108/24/news045.html

テーマ : iPhone - ジャンル : 携帯電話・PHS

(音楽) 夏の終わり (森山直太郎)

少し長かった夏。いつもよりも暑かった夏。花火大会が少なかった夏。
大好きな季節が、通り過ぎていきます。

少し切ない季節に聞きたい唄。
森山直太郎「夏の終わり」

PV
http://www.youtube.com/watch?v=NB_eQV7smP0

歌詞
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND17061/index.html

テーマ : 心に沁みる曲 - ジャンル : 音楽

(季節) 等々力プール

IMG_1594.jpg
今年の夏は暑かった。その上、節電にも協力しなければならなかった。そもそも冷房が苦手な私だが、それでもうだるような暑さには参ってしまう。こういう時にはプールか海に限る。

等々力プールは、Jリーグのフロンターレ川崎が本拠地を置く等々力緑地の中にある。武蔵小杉からほど近い。真夏にしかやっていない市営プールで、子供の頃から夏になるとここに通っている。いつもは屋内で泳いでいるが、屋外で泳ぐほうがはるかに気持ちいい。
IMG_1591.jpg

今年はこの茅葺の日よけにお世話になりました。甲子園をよく聞きました。青森の光星学園は惜しかったねえ。日大三高は強かった。そんな日ももう遠い思い出。
IMG_1596.jpg

8月28日、本年度最後の日も行き、最終時間までいました。「今年もありがとうございました」というアナウンスが流れた後、監視員の皆さんが一斉に「ありがとうございました」と挨拶をしていたのが印象的でした。

プールの後、いつもの通り駄菓子さんの「ことりどう」へ。遠く、激変する武蔵小杉の高層ビル群が見える。だが、ここは少年時代のまま。移り変わりが速い世の中でほっとする所だ。ご主人と奥様は、いつまでも素敵な笑顔でいてください。
IMG_1572.jpg

IMG_1600.jpg

夏が、通り過ぎていきます。

(音楽) このまちと (かりゆし58)

沖縄出身のかりゆし58が唄う「このまちと」は、大好きな故郷でこれからも生きていくことを唄ったメッセージソングだ。メンバーが福島で東日本大震災で被災した友人から受け取ったメールがきっかけで、この唄ができたそうだ。

プロモーションビデオのロケ地は佐渡島。素朴で美しい情景が胸を打つ。
最初にこの唄を聴いたとき、久々に聞き惚れてしまいました。素晴らしい唄です。


「このまちと」 PV
http://www.youtube.com/watch?v=bArivs6eL08

「このまちと」 歌詞
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND115363/index.html

テーマ : 心に沁みる曲 - ジャンル : 音楽

(旅日記) 森戸の浜の盆踊り

IMG_1329.jpg

今日は毎年恒例の「森戸の浜の盆踊り」の開催日。一色海岸から森戸海岸へ、バスで移動。今年から「盆バンド」は「葉山盆楽団」と名前が変更になったらしい。もっとも、レパートリーは「炭坑節」「東京音頭」「花笠音頭」「葉山音頭」と例年通りでした。

盆踊りは、先祖の御霊をともらうという意味もあるらしい。葉山音頭は難しかったけど、今年は特別な想いをこめて頑張って踊ってみました。

来年も、再来年もまた来たいと思います。


森戸の浜の盆踊り
http://bonfes.exblog.jp/

(季節) 葉山 トワイライト

IMG_1326.jpg

夕暮れの海岸を、爽やかな風が吹き抜けていきます。

IMG_1325.jpg

(旅日記) 葉山

IMG_1319.jpg

逗子駅は相変わらずの人ごみ。ここからバスに乗って葉山一色海岸へ向かう。
IMG_1310.jpg
IMG_1307.jpg

バスは一色海岸バス停に到着。今年も馴染みの富士屋さんに寄る。おばちゃんは今年もお元気でした。
IMG_1314.jpg
IMG_1315.jpg

海へ。馴染みの海の家「一色ロイヤルビーチ」でご休憩。今年はベッキーのパパのサイモンさんの店がない。なんでも身内の看病のためにイギリスへ一時帰国したとのこと。
IMG_1318.jpg

今年も葉山に夏がやってきました。

(旅日記) 葉山へ

IMG_1335.jpg
毎年恒例の「葉山の夏休み」がやってまいりました。8月は波乗りはお休み。毎年ほぼ同じ事を書いている気がするが、人が多く、道が混んでいるし、何より多くのポイントが海水浴場になってしまう。8月は童心に返って、プールと海でのんびり過ごすのがいい。節電対策にもなるし。

いつものごとくJR南武線宿河原駅から武蔵小杉駅で乗り換え。これまでブログで数度書いたが、6月に南武線・横須賀線間の正式な連絡通路が完成した。この南武線からの連絡通路、早い早い。乗り換えにかかる時間はわずか4分ちょっとですむ。
IMG_1303.jpg

横須賀線ホームに到着。グリーン券をSuicaで買ってグリーン車で逗子駅へ。今年もまた、葉山へ向かいます。

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

(旅ニュース) 藤子・F・不二夫ミュージアム開館

ドラえもんの誕生日の9月3日、神奈川県川崎市多摩区に藤子・F・不二夫ミュージアムが開館した。

場所は旧向ヶ丘遊園の跡地で、旧府中街道沿いにある。我が街宿河原からほど近い。ミュージアム中は藤子・F・不二夫こと藤本弘先生の仕事場や、ドラえもんだけではなくパーマンやキテレツ大百科等の藤子・F・不二夫ワールドが広がっている。

現地へはJR南武線・小田急線登戸駅生田緑地口から川崎市営バスがシャトルバス(有料)を運行している。面白いのは外装がキャラクターでラッピングされていることだ。1号車がドラえもん、2号車がオバケのQ太郎、3号車がキテレツ大百科、4号車がパーマンだそうだ。
http://www.city.kawasaki.jp/82/82keiei/home/report/h23/item9291.pdf

藤子・F・不二夫ミュージアム
http://fujiko-museum.com/pc.php

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース