(物語) イニシャルT・Hの贈り物

2010年2月18日、カナダ・バンクーバー冬季オリンピック。男子フィギュアスケート日本代表の高橋大輔選手は、2日前のショートプログラムでは3位につけていた。この4年間、高橋選手は怪我に悩まされ続けていた。満足いく練習ができるようになったのは最近のことである。

そんな高橋選手を、遠く日本から祈るように、テレビ画面から声援を送る一人の女性がいた。世界一といわれる華麗なステップ、練習を積み重ねた4回転ジャンプ。高橋選手のフリープログラム演技が始まった。

~~

岡山県倉敷市。瀬戸内地方の温暖な気候に包まれたこの街は、古くからスポーツが盛んである。特に、野球では倉敷商業高校が中日ドラゴンズと阪神タイガースで活躍した星野仙一元監督を輩出している。この街に、雪が降ることはまずない。

そんな倉敷の街に、アイススケーターとして活躍していた佐々木美行さんがアイススケートクラブを設立したのは1995年のことである。この年、久しぶりに倉敷にアイススケート場ができたのがきっかけだった。設立間もない倉敷アイスケーティングクラブに、当時小学一年生だった高橋選手が入ってきた。その才能は群を抜いていたと言う。練習時間は一日に数時間。高橋選手は佐々木さんの指導の下、実力をつけていった。

だが、佐々木さんはクラブ設立当社から問題を抱えていた。運営資金である。アイススケートには多額のお金がかかる。冬、北海道や東北では夜に水を蒔いておけば、翌朝には凍って天然のリンクができている。しかし、温暖な瀬戸内の倉敷ではそうはいかない。どうしてもアイススケートリンクに頼らざるを得ない。

募集人数も思うように集まらなかった。資金を援助してくれる人もほとんどいなかった。当時、スケートリンクの使用料は1時間あたり2万円。佐々木さんはその工面に奔走していた。使用料が安い一般人向けの開放時間に練習したこともあったという。そんな状態が5年ほど続いた。

1999年。クラブの運営資金に一番困っていた時のことである。佐々木さんの家に、一通の封筒が届いた。封筒を開けてみると短い手紙が封され、こう書かれていた。

「子供たちのために使って下さい。 T・H」

手紙とともに、一万円札が添えられていた。

差出人の住所は書かれていなかった。誰が出したのか、なぜお金に困っていることを知ったのか。佐々木さんはまったく心当りがなかった。それから3年間、その手紙は届き続けた。文面も金額も同じだった。

その頃、高橋選手の実力は世界に通用するレベルにまで成長していた。中学二年の時には世界大会に出場するまでになった。これを契機に、高橋選手の指導は長光歌子コーチへと引き継がれた。この頃になると、倉敷アイスケーティングクラブの知名度も上がり、子供たちも集まってきた。クラブの運営も少しずつ軌道にのってきた。それを見届けるかのように、手紙は途絶えた。

~~

バンクーバーオリンピックの会場に、1旗の横断幕が掲げられた。「GO! DAISUKE GO!」と書かれたその横断幕の制作費にも、イニシャルT・Hさんからの寄付金が当てられた。

その横断幕が見守る中、高橋選手は日本男子フィギアスケート史上初の3位入賞を果たした。表彰式で、高橋選手は涙ぐんでいた。その勇姿を、きっとどこかで、イニシャルT・Hさんも優しく見守っているだろう。

テーマ : ちょっといい話 - ジャンル : ブログ

(旅日記) 2つのバンク-バー

IMG_5015_20100529000400.jpg

翌朝。ホテルからシャトルバスでSFOへ向かった。ここからJAL1便→成田エクスプレス→JR南武線と乗りついで、JR登戸駅を目指します。そうか!サンフランシスコから登戸まで2回乗り換えるだけでいいんだ。

空港ではサンフランシスコ名物の「ギラデリチョコレート」を買っていく。既に「白い恋人」は現地の友人にあげてしまったので、日本のみんなにはこれで我慢してもらおう
IMG_5121.jpg

日本航空栄光の「1」便は、サンフランシスコ発成田行きである。この成田ーサンフランシスコ線は、10月から羽田ーサンフランシスコ線へリプレイスされることになっている。JALの今後を担う基幹路線だ。
IMG_5122.jpg

ほどなく離陸。JALの機内で、JALの今後について考えてみた。
IMG_5009.jpg

離陸してまもなく、カナダのバンクーバー沖を通過する。
IMG_5124.jpg

この「バンクーバー」という街、同じ街の名前がアメリカのワシントン州にもある。Westfield のショッピングセンターもあるようだ。

City of Vancouver, Washington
http://www.cityofvancouver.us/default.asp?menuid=10460

Westfield Shopping Centre Vancouver
http://westfield.com/vancouver/

アメリカのバンクーバーは、野球のイチロー選手の本拠地シアトル市の南にある。
http://www.cityofvancouver.us/map.asp?mapID=15819

一方、カナダのバンクーバーは、シアトル市の北にある。
http://vancouver.ca/

~~

以前アメリカを旅していた時に「地球の歩き方」で面白い話を読んだ。日本人の男の子が成田からシアトル空港に着いた。その後、街のバスセンターから長距離バスに乗ろうとした。行き先は「Vancouver」と書いてあったバスに乗ったら、国境を越えることなくバンクバーの街に着いた。バスの運ちゃんに「入国審査はどこですればいいんですか?」と聞いたら、"Here is US's Vancouver"と笑われたそうだ。

私の旅は必ず「地球の歩き方」をお供に連れて行く。最近の「地球の歩き方」は、今はお父さん世代になった方々にはちょっと物足りないかもしれない。カラー写真が多くなり、旅のハプニングや、人と人の触れ合いを描いた「コラム」のコーナーが少ないからだ。'80~'90年代はじめの「地球の歩き方」には、そんな話がいっぱい載っていた。

だが、今も昔も変わらないものがある。「はじめに」の文章である。

「広いアメリカ」を実感するには、地平線が見える大地を突っ走るしかない。「面白いUSA」を体験したければ、イベントに自ら足を運ばなければならない。本当のアメリカを知るには、自分で北米大陸を歩いてみることだ。
(引用)「地球の歩き方02'~03'アメリカ編」 地球の歩き方編集室

どんなにiPhoneやGoogle Street Viewが発達しても、この言葉に惹かれて、多くの旅人がこの大地を旅するだろう。多くの発見と出会いがあることを祈っている。

テーマ : アメリカ - ジャンル : 旅行

(旅日記) 歴史的路面電車

IMG_5093_20100613144245.jpg

サンフランシスコの新名物が「ヒストリック・ストリートカー」と呼ばれるミュニメトロFラインだ。イギリス、イタリア、ロサンゼルスにご当地サンフランシスコなど、世界中の古い路面電車を集めてきて実際に走らせている。フィッシャーマンズワーフからケーブルカーとは別ルートで、BARTのパウエル駅へ戻ります。

実際に乗ってみたら、車両の中は初めてなのに懐かしい。年代ものだけに走行途中で電気が切れまくり、揺れも激しいが、乗客の皆さんは平然としている。街の景色に路面電車がうまく溶け込んでいる。これはフランスのグルノーブルでも感じたことだ。

東京は何でもめまぐるしく変わりすぎると思う。ケーブルカーにしても、ヒストリック・ストリートカーにしても、古いものと新しい物をうまく調和させているサンフランシスコは、私の大好きな街だ。

大好きなサンフランシスコ。また、来ます。

テーマ : アメリカ - ジャンル : 旅行

(旅日記) フィッシャーマンズワーフ (Fisherman's Wharf)

IMG_5097.jpg

「漁師達の波止場」を意味するフィッシャーマンズワーフは、港町サンフランシスコを代表する観光地である。横浜で言えば、山下公園や赤レンガ倉庫一帯のような場所である。実際、横浜市とサンフランシスコ市は友好都市である。

ケーブルカーを降り、歩いてフィッシャーマンズワーフ一番の観光名所、ピア39(PIER 39)へ向かう。途中、iPadの記事で紹介した本屋さん「Barnes & Norble」があったが、今回は時間の都合で通過。しかし、ここへ来ると必ずトイレにお世話になるHYATTは、また今回もお世話になってしまいました。たぶん、コーヒー飲んでケーブルカーでステップ乗車するから、体が冷えるのだろう。ケーブルカーには勿論トイレはない。
IMG_5090.jpg

そんなことはさておき、ピア39へ。海沿いの道を歩きます。観光客向けのお店が多い。
IMG_5096.jpg

有名なアルカトラズ島が見える。いつ見ても軍艦みたいな島だ。1934年から1963年まで刑務所があったこの島は、こんなに近いのに、海水温が低く、潮の流れが速いので、絶対に泳いで渡ることはできないのだそうだ。本当かな?ウエットスーツ着て泳いで渡ってみたいなあ。
IMG_5099.jpg

結構歩いてピア39に到着。ここはフィッシャーマンズワーフの中でも一際賑やかなところだ。桟橋の上に色々なお店があり、週末は多くの人でごった返す。
IMG_5103.jpg

IMG_5106.jpg

IMG_5110.jpg

IMG_5107.jpg

IMG_5105.jpg

メリーゴーランドまである。治外法権だし、勇気を出して乗ってみようかと思ったが、やっぱりやめておいた。
IMG_5109.jpg

このピア39には、春先までアザラシの休憩所になっている。「おう、おう」という泣き声が可愛い。但し、かなり香ばしい匂いが立ち込めているので注意が必要だ。
IMG_5112.jpg
IMG_5114.jpg

遠く、ゴールデンゲートブリッジが見えました。サンフランシスコの街に、夜の帳が下りていきます。
IMG_5111.jpg

IMG_5116.jpg

テーマ : アメリカ - ジャンル : 旅行

(旅日記) ケーブルカーでフィッシャーマンズワーフへ

IMG_5079.jpg

サンフランシスコ名物のケーブルカーの発着場前で、「MUNI Passport」という一日乗車券を買う。これでサンフランシスコのバス、路面電車、ケーブルカーが乗り放題になる。

さて、ケーブルカーへ。一番前に陣取り、「ステップ乗車」をする。要は一番前で立ち乗りすること。これをやらなきゃサンフランシスコに来た感じがしない!

いよいよ出発進行!こんな感じでサンフランシスコの坂を登っていきます。
IMG_5078.jpg

一路フィッシャーマンズワーフへ向かいます。

テーマ : アメリカ - ジャンル : 旅行

(デジタル) iPhone 4リリース

既にこのブログでは一部を報じたが、Appleはサンフランシスコで開催されたWorld Wide Developers Conference 2010で、「iPhone 4」の概要を発表した。日本、米国では6月24日に発売される。マルチタスク対応の新OS「iOS 4」は、iPhone 3G、iPhone3GS、現行世代のiPod Touchで、6月21日から無料でアップデートできるようになる。

(iPhone 4概要)
・カラーバリエーション: ブラック、ホワイト
・メモリ : 16Gバイトモデル、32Gバイトモデル
・高さ: 115.2 mm
・幅 : 58.6 mm
・厚さ: 9.3 mm (従来比24%)
・重さ: 137 g
・バッテリー 6時間(3Gブラウジング時)
       9時間(Wi-Fi)
・ディスプレイ 3.5インチ(IPS液晶)
        解像度 :960×640ピクセル(326ppi)「網膜(Retina)デイスプレイ」と呼称。
        コントラスト比は800:1
・カメラ : 500万画素カメラ(背面)*前面にもカメラがある。*LEDフラッシュ付
・動画 : 720p/30fpsのHD動画撮影可能
・3軸ジャイロ搭載
・OS: iOS 4 *マルチタスク対応

(出所)「iPhone 4」発売は6月24日 「iOS 4」アップデートは21日から
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/08/news018.html

Apple
http://www.apple.com/jp/iphone/

iPhone 4 を発売するSoftbankは、6月14日に価格やプランを発表する予定だ。気になるのは、AT&T(米)等世界のiPhoneキャリアがデータプランの定額制をやめていることだ。ネットワークがiPhoneユーザーの負荷に耐えられないことが要因とのこと。
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1006/13/news001.html

http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20100604_372279.html

現在iPhone 3GSを使用していて、iPhone 4は欲しい方も多いだろう。ただ、割賦の残りがあるし。と悩んでいる方は、ソフマップで買い取ってもらったらいかがだろう?今なら約3万5千円で買い取ってもらえるようだ。
http://www.itmedia.co.jp/promobile/articles/1006/09/news066.html


それにしても、iPadに関する記事がめっきり少なくなった。

テーマ : iPhone/itouch - ジャンル : 携帯電話・PHS

(デジタル) iPadは日本で普及するか?

2010年5月28日、日本で第一世代のiPadが発売された。アップルストアや家電量販店では、開店前から行列ができた。しかし、iPadの普及を疑問視する声も多い。果たしてiPadは日本で普及するのか?

(結論)
① iPadは日本でも普及する。但し、アメリカ・オーストラリアとは異なる利用方法がなされるだろう。
② クックパッド、You Tube、ニコニコ動画、新聞等がよく閲覧され、電子書籍の普及は難しい
③ これまでパソコンに馴染みがなかった高齢者に重宝されるだろう

(iPod Touchとネット)
iPadを語る前に、iPod Touchについて説明したい。私はiPod Touchのヘビーユーザーである。家はNTTの光フレッツを引いているが、iPod Touch導入に合わせ無線LANを導入した。これで家中どこにいても、インターネットが見れるようになった。毎朝「湘南の今日の波」と「BCM」の波チェックは欠かせない。
http://www.1173.co.jp/
http://www.bcm-surfpatrol.com/

この方法だとパケット代がかからない。家の外では「Wi2」の公衆無線LANを利用している。マクドナルドなどで利用でき、月380円で使いたい放題だ。
http://300.wi2.co.jp/

また、iPod Touchはパソコンと違って起動が早く、本体が軽いので持ち運びに便利だ。今回アメリカへ持っていって、幾つかのホテルで有料だがネットにつながった。サンフランシスコから千葉と鵠沼の波チェックがいつも通りにできた。

いいことづくめのiPod Touchだが、画面サイズは3.5インチで、ネットを見るにはぎりぎりの大きさだ。そこでiPadの登場となる。

(2つのiPad)
iPadには、WiFi(無線LANのこと)モデルと、Softbankの通信網を利用するWiFi+3Gモデルの2種類がある。画面サイズは9.7インチのタッチパネルである。
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1001/28/news024.html

(クックパッド)
午後4時に日本の女性が一番見ているサイトと言われるのが、料理レシピ検索サイト「クックパッド」である。食材を打ち込めば、簡単にレシピが検索できる。また自分が作った料理とレシピを乗せることも出来、情報交換のサイトにもなっている。
http://cookpad.com/

「クックパッド」にはiPhone/iPod Touch/IPad専用のアプリがあり、Apple App Storeから無料でダウンロードできる。クックパッドは、iPadを女性ユーザーを普及させるキラーアプリになるだろう。iPadは画面サイズが大きいので、料理をする際に見やすい。さらにパソコン程場所を取らない。キッチン近くに立てかけておけばいい。料理をする上で、とても便利だろう。

(You Tube)
男女問わず人気なのがYou Tube。私が好きなのは以下の2つだ。

バカリズム 「贈るほどでもない言葉」
http://www.youtube.com/watch?v=b3FIiE8INEw

かつら落ちる
http://www.youtube.com/watch?v=95g30uJz18U

洋楽アーテイストはYou Tubeをうまくプロモに利用しており、多くの公式サイトがある。前に紹介したJason Deruloさんが好例だ。日本のアーテイストだと、事務所がYou Tubeを敵視している場合が多く、公式にうまく利用しているとは言いがたいが、公式・非公式を問わず面白い投稿が多い。最近、一部画質の向上も図られたので、iPadのキラーアプリの一つと言えるだろう。

(高齢者向け)
docomoの携帯電話「らくらくホン」が高齢者に大人気だが、iPadもその可能性を秘めている。タッチパネルで操作がしやすく、文字の拡大・縮小が簡単だからだ。高齢者は老眼になりやすく、新聞を虫めがねを使用して閲覧されてる方が多い。最近、読売新聞や朝日新聞は文字フォントを大きくしたが、紙の媒体をユーザーが大きくすることは物理的にできない。しかし、iPadならピンチアウト/イン機能を使えば簡単にできる。

さらに医療情報や趣味の情報を交換する高齢者向けSNSサイト、遠隔地から孫や子供の写真を受け取って、デジタルフォトフレームのように使うなど、無限の可能性を秘めている。

(難しい電子書籍)
日本では電子書籍の普及は難しいだろう。理由は本の価格、出版業界の利権にある。

アメリカやオーストラリアでamazonのKindleやSONY Readerといった電子書籍が人気を集める理由の一つが、実際に本を買うより価格が安くすむからだ。一方、日本では本の価格は比較的安い。人気本は新書のハードカバーが出た後、しばらくたって安い文庫本が出るというシステムも構築されている。例えば、2002年9月12日に「海辺のカフカ」が1680円で発売されたが、その3年後の2005年2月28日に740円で単行本が出ている。

「海辺のカフカ」(ハードカバー)
http://www.amazon.co.jp/%E6%B5%B7%E8%BE%BA%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%AB%E3%80%88%E4%B8%8A%E3%80%89-%E6%9D%91%E4%B8%8A-%E6%98%A5%E6%A8%B9/dp/4103534133

「海辺のカフカ」(新潮文庫)
http://www.amazon.co.jp/%E6%B5%B7%E8%BE%BA%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%AB-%E4%B8%8A-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%9D%91%E4%B8%8A-%E6%98%A5%E6%A8%B9/dp/4101001545/ref=sr_1_11?ie=UTF8&s=books&qid=1275834078&sr=1-11

日本では「再販売価格維持制度(再販制度)」によって本と新聞の最終販売価格の固定が例外的に認められている(独占禁止法の適用外)。だから本と新聞は「定価」と表示できる。これは、安く、幅広い種類の本や新聞を日本中に行き渡せることを目的にしている。アメリカとオーストラリアには、このような制度はない。

「再販制度とは?」(財)日本出版協会 
http://www.jbpa.or.jp/resale/index.html

さらに日本には紀伊国屋、三省堂、BOOK 1st、ジュンク堂といった大型書店もいっぱいある。中古市場も成立しており、近年はBOOK OFF等の大型チェーン店が出てきている。ここでは新刊より安く買える。このような大規模の本屋は、アメリカではBarnes & Norble、オーストラリアではDymocksくらいしかない。これは再販制度がない他、国土が広く、流通経路を維持するのにコストがかかるので、大規模な書店がビジネスとして成立しにくいことも大きいだろう。

Barnes & Noble
http://www.barnesandnoble.com/

Dymocks
http://www.dymocks.com.au/

このように、本の流通に関しては日本は優れているが、電子書籍となると逆転してしまう。その例が「グーグル図書館(Google Books Library Project)」と呼ばれるプロジェクトである。このプロジェクトは、絶版を含め出版物をスキャナーで読み込んで電子データ化し、データベースを構築してユーザーに配信しようとするものだ。

Googleがこのプロジェクトを開始した時、日本の作家団体や著作権団体は一斉に反対した。すべての本が電子化されれば本が売れなくなり、既存の流通網が疲弊してしまい、著作者や流通業者、本屋の収入が減りかねない。さらに上記で述べた再販制度も破壊しかねない。再販制度がなくなれば、本の価格破壊が進みかねない。これが反対の一番の理由だ。

現行の日本国著作権法は、著作権者に強い権利を与えている。電子書籍のコンテンツを整える上で、権利者団体の理解と賛成が不可欠である。その理解を得られるだろうか。(結局Googleは、日本抜きで電子データベース化を進めている。ここでも「ジャパン・パッシング」が起きていることに留意すべきだ)
http://books.google.co.jp/googlebooks/library.html

変化の兆しもある。大手出版31社が加盟する日本電子書籍出版社協会は、その電子書店「電子文庫パブリ」で販売する電子書籍をiPhoneでも閲覧できるアプリを公開した。積極的な取り組みと言える。
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1006/04/news049.html
http://www.paburi.com/paburi/iphone.asp

最終的にはユーザーの趣向によるだろうが、本の手触り感慣れた日本人に、電子書籍が受け入れられるかは不透明である。私は懐疑的だ。

アメリカとオーストラリアは国土が広すぎ、流通経路を維持するのにコストがかかる。再販売制度もなく、安い文庫本が出るのが一般的ではない。だが本の電子データ化が進んでおり、コンテンツは豊富なので、電子書籍が普及する余地がある。一方、日本では至る所に本屋があり、価格も比較的安く買える。電子書籍が普及する余地は、今のところないだろう。

以上から、iPadは電子書籍ではない別の使い方をされ、日本で普及するだろう。


(おまけ)
朝日新聞の「どらく」は、電子書籍の感覚がつかめるだろう。
http://doraku.asahi.com/hito/interview/index.html?bnum=145

テーマ : iPad - ジャンル : コンピュータ

(旅日記) Apple Store San Francisco

Westfieldを後にし、Apple Storeを目指す。私は日本でApple Storeに行ったことがない。いつもヨドバシカメラで買うからだ。初のApple Storeにドキドキである。Apple Store San Franciscoは、Westfieldから程近い。

概観から一目でApple Storeだとわかる。
IMG_5076.jpg

外で自分のiPod Touchと2ショット。
IMG_5077.jpg

店に入ると斬新な作り。iPod nanoやMacが自由に試せる。店員さんも多く、気さくに声をかけてくれる。iPhone用のケースもサンフランシスコ名物のケーブルカーがプリントされたものがある。49ドル(約4500円)とやや高い。

色々迷った挙句、赤いiPod nano(16GB)を買いました。

駅でも盛んにiPod Touchの広告があった。
IMG_5057.jpg

Apple Retail Stores
http://www.apple.com/retail/sanfrancisco/

テーマ : アメリカ - ジャンル : 旅行

(歴史小話) 吉田松陰、アメリカを目指す (前編)

この旅に2冊のお供がいる。司馬遼太郎の「世に棲む日々」(文書文庫)である。この小説は、江戸時代末期、幕末と呼ばれる時代に生きた、吉田松陰と高杉晋作の2人の師弟を描いている。WestfieldのSeatlle's Best Coffeeにて1巻を読み終わり、2巻に突入である。

吉田松陰とは、幕末の思想家である。長州藩(現山口県)の萩に生まれ、親類が設立した「松下村塾(しょうかそんじゅく)」にて、その後日本の歴史を動かす久坂玄端、高杉晋作、桂小五郎(のちの木戸孝允)といった門下生を育てた。後に日本初の内閣総理大臣になる伊藤博文(成人前の名は伊藤利助)もこの松下村塾のグループと知り合いになり、下級藩士であったにも関わらずその才能を見出してくれる人達とのネットワークを作った。

松下村塾で松陰が教えた思想は、「天皇を中心にした国家を作り、外国からの脅威を守れ」という急進的なな思想である。つまり時の政府である江戸幕府を否定しているのだ。そのことは私も知っていた。今回読んだ「世に棲む日々」では、1854年に松蔭はペリー提督が乗る黒船を追って、江戸→神奈川→下田まで行き、さらに下田でペリー達の黒船に乗船させてもらい、アメリカまで連れて行ってもらおうと行動を起こした、というのである。

南伊豆下田と言えば、波乗りで私がよく行く場所である。海は綺麗だし、魚も旨い。
実際に行って調べてみることにしましょう。(後編に続く)

テーマ : 歴史雑学 - ジャンル : 学問・文化・芸術