(音楽) ~春唄~ ノスタルジア (いきものがかり)

14年前のちょうど今頃、新入生歓迎のコンパの計画をしていた。私の周りの友人は、必ずしも見知らぬ人に声をかけることが得意な人間ばかりではない。特に女の子に声をかけるのが苦手なシャイな奴もいっぱいいる。だがそういう奴ほど、コンパの時に心強かったりする。ちゃっかりその後でカップルになったり。

古く、ぼろっちい1号館。

真新しく、みんなでしゃべくりまくっていた7号館。

煙草の煙で霞んでいた学生ホール。

仲間で作った研究会の部室。

学祭の資料はすべて手作り。

今にも壊れそうな文連ハウス。


私はそのすべての情景が好きだった。いきものがかりの新曲「ノスタルジア」のプロモーションビデオを見ていると、懐かしいあの頃が蘇ります。


「ノスタルジア」 PV 
http://pv6pvnewspv6pv.blog102.fc2.com/blog-entry-2473.html

「ノスタルジア」 歌詞
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND89549/index.html

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

(音楽) ホームにて (中島みゆき)

1977年に発表された中島みゆきの「ホームにて」は、今なお多くの人々に愛され続けている歌である。

この歌の主人公は、きっと故郷を捨てて都会に来たのだろう。帰りたくても帰れない故郷。故郷へと続く2本のレールを見ては、嘆き、悲しみ、そして癒されたのだろう。

これからもずっと聞き続けていきたい名曲である。

「ホームにて」 PV
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&v=pWaDXMdKmro

「ホームにて」 歌詞
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND11632/index.html

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

(旅日記) 上野駅13番線ホーム

「ふるさとの 訛懐かし停車場の 人ごみの中に そを聴きに行く」

明治の歌人、石川啄木は現在の盛岡県の渋民村の出身で、故郷が恋しくなるとよく上野駅へ足を運んだらしい。

人間の記憶というものは、3歳くらいまで遡れるらしい。私は3歳の1年間を山形県鶴岡市で過ごした。最も古い記憶は真夏の海岸の風景、そして夜行列車のベットから見たおばあちゃんとの別れの情景である。毎年夏になると、必ず上野駅から夜行列車に乗って田舎へ遊びに行っていた。私の海好きと旅好きの原点がここにある。

上野駅はとても不思議な駅である。東京なのにどこか東北の匂いを感じさせてくれる。かつての上野駅は「北の玄関口」と呼ばれ、その匂いがもっと強かった。東北方面へのほとんど全ての列車が上野駅で発着していた。だが、上野駅にも大きな時代の波が押し寄せる。東北・上越新幹線の開業と東京駅への延伸、航空運賃の低廉化、高速バス網の発達、そしてマイカーの普及により、上野発着の特急、急行、夜行列車は次々に廃止されていった。そして「東北縦貫線」構想により、高崎・宇都宮・常磐線の通勤電車までもが東京駅まで直通運転され、この駅を素通りしようとしている。
http://www.jreast.co.jp/construction/proj02_main.html#08

上野駅の雰囲気も変わった。ステーションルネッサンスと名づけられたプロジェクトによって駅のリニューアルが図られ、若い女性をターゲットにしたお店が続々と開店し、「駅ナカ」の原点になった。上野には若いおしゃれな女性が多い。丸井をはじめ多くのショップが上野の街にはあるのだ。

上野駅は変わった構造をしていて、新幹線と地下鉄を除くと2階建てになっている。山手線や京浜東北線が発着するのが「高架ホーム」と呼ばれる2階、そして1階にあるのが線路が行き止まりになっている「地平ホーム」である。この構造は、オランダのアムステルダム中央駅を模していると言われている。数少なくなった「ブルートレイン」と呼ばれる夜行列車が発着するのが地平ホームの13番線ホームである。

地平ホームの一番左に位置する13番線ホームの雰囲気は、今も昔も変わらない。私はこのホームの持つ雰囲気が好きだ。特に夜行列車独特の真っ青な空色の車両が、赤いテールランプを灯しながら、北へ向かって静かに走り去っていくのを眺めているの瞬間が好きだ。この雰囲気はバスや飛行機にはない。

明日、この13番線ホームから最後の旅立ちを迎える夜行列車がある。上野と金沢を結ぶ寝台特急「北陸」。また一つ、旅情が消えていく。

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

(音楽) ~春唄~ 奏 (スキマスイッチ)

春は別れの季節でもある

それまで当たり前だった光景が、当たり前でなくなる

大人になるということは、それを繰り返していくことなのかもしれない

だが、移りゆく季節の中で、時の流れに戸惑うこともあるだろう

そんな瞬間に聴きたい唄

スキマスイッチ 「奏(かなで)」


奏 PV
http://www.dailymotion.com/video/x18cy2_pv_music

奏 歌詞
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND18278/index.html

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

(旅ニュース) 圏央道海老名インター&首都高中央環状線の渋谷延伸

「3環状9放射」の整備が着々と進んでいる。
http://hayamabeach.blog39.fc2.com/blog-entry-154.html

2月27日(土)に東名高速道路の厚木インターに接続する形で、神奈川県初の圏央道が開通した。
http://ken-o-info.com/

開通したのは「さがみ縦貫道路」(圏央道の神奈川県部分の呼称)の海老名ジャンクションから海老名インターまでの2キロ。開通区間はわずかだが、渋滞が慢性的になっている厚木インター周辺は効果が大きいだろう。相模川の海老名市側から、厚木インターに行かなくても直接東名に入れる。なお、構造はちょっと複雑なので、あらかじめ下記のサイトで確認しておきたい。
http://ken-o-info.com/atsugi_ic/index.html

次に3月28日(土)16時、首都高中央環状線新宿線(C2)の西新宿JCTと大橋JCT間が開通する。
http://www.c2info.jp/

大橋JCTは初台JCTと異なり、都心環状線方面へも移動できる。先の記事にも書いたが、大橋JCTは地下を走る中央環状線と高架橋を走る3号渋谷線をつなぐため、2周程くるくる回るループ構造になっている。都心方面は赤色・東名方面は青色と、首都高では初となる色による方面表示看板と舗装路面が採用される。この開通により、首都高の渋滞はかなり解消されるだろう。

中央環状線について触れておきたいことがある。それは熊野町JCTの危険性である。中央環状線は池袋付近で山手トンネルを抜け、一気に坂を上って高架構造の首都高5号池袋線の左側に出て接続する。ここが熊野町JCTで、ここから板橋JCTまでの約1キロは共用区間(同じ区間を走ること)となっており、板橋JCTからは右側から中央環状線(「王子線」と呼ばれている)が分岐する構造になっている。最大の問題は、中央環状線をそのまま通って東北道に行きたい場合、熊野町JCTから右側車線を走るようにし、板橋JCTまでの約1キロの間で5号池袋線と平面交差し、王子方面へ右側へ分岐しないといけないことだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%8A%E9%87%8E%E7%94%BA%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

このような構造になったのは、本来高架構造になるはずだった新宿線が住民の反対にあい、地下構造(「山手トンネル」)に変更されたことに起因する。既に開通している板橋JCTから江北JCTまでは高架構造なので、どこかで地下から高架に上がらなければいけない。苦肉の末、5号池袋線の高松ランプへの走行路を流用し、地下から一気に駆け上がって高架構造の熊野町JCT・板橋JCTへとつなげたのだ。関係者の方々は大変なご苦労をされたと思うのだが、やはり構造に強引さが残る。そもそも5号池袋線として開通していたこの区間は、護国寺方面から急カーブが続く交通事故多発地帯である。

実際、2008年の8月3日の早朝に5号池袋線熊野JTC付近で首都高至上最悪の火災事故が発生した。速度を超過したタンクローリーが急カーブを曲がりきれずに横転し、熊野町JCT付近の高架橋が炎上してしまったのだ。記憶されている方も多いだろう。
http://www.shutoko.jp/route5/index.html

首都高速道路株式会社は、大橋JCTや最新技術ばかりを宣伝しているが、熊野町JCTの複雑な構造の告知が十分ではないと思う。幸いあの事故では死者は出ず、中央環状線から合流してきた車が事故に巻き込まれることもなかった。事故発生時刻が早朝で、中央環状線の交通量そのものが少なかったからだろう。しかし今回大橋JCTまで延伸されることで、東名とつながる3号渋谷線と接続し、中央環状線の交通量は大幅に増えるだろう。さらに大井まで延伸されて湾岸線ともつながれば、中央環状線の交通量は飛躍的に増えるだろう。

熊野町JCTの安全対策がより求められる。

テーマ : 旅情報を集めよう - ジャンル : 旅行

(波乗り日記) 七里ヶ浜

IMG_3570.jpg

晴 気温6度 波セットヒザ 風 無風

吉浜から西湘バイパス+R134を使い、鵠沼を抜けて七里ヶ浜へ。七里も実に8年ぶりだ。七里が浜は海の底がリーフ(岩)になっており、底が砂浜の海岸よりも波は安定してブレイクしてくれる。だが夏でもリーフブーツは履いたほうがいい。

江ノ電が走っていくのが見えました。
IMG_3566.jpg

この日の七里はセット間隔長め。それでも結構波はブレイクしてくれた。3時間ほどやって、15本くらいは乗れたかな。
IMG_3565.jpg


夕日が綺麗でした。
IMG_3576.jpg


テーマ : サーフィン・ボディボード - ジャンル : スポーツ

(波乗り日記) 吉浜(湯河原)

IMG_3561.jpg

晴 気温6度 波ダンパー・ヒザ 風 オンショア

久しぶりに吉浜に来た。湯河原海岸のことを、波乗りでは吉浜という。しかし、波はダンパーで楽しめそうにない。真鶴道路の渋滞に我慢したちゅうーのに。場所を鎌倉方面へ変えます。

IMG_3562.jpg

テーマ : サーフィン・ボディボード - ジャンル : スポーツ

(音楽) ~春唄~ 「3月9日」 (レミオロメン) 

先週、春一番が吹き抜けた関東地方。今日の最高気温は20度と、すっかり春めいてきた。そろそろ、学校は卒業のシーズンだろう。卒業を唄った歌をよく耳にするのもこの季節である。

レミオロメンの「3月9日」は、メンバーの友人の結婚式のために作られた唄だ。ドラマの合唱シーンで歌われ、今では卒業ソングとしてすっかり定着している。卒業式で歌う学校もあるそうだ。

「新たな世界の入り口に立ち 気づいたことは一人じゃないってこと」

掘北真希さん主演のPVも実にいい。もう卒業を迎えなくなってしまった今でも、聞きたい名曲である。

「3月9日」 PV
http://www.dailymotion.com/video/x1lhal_pv_music

「3月9日」 歌詞 goo音楽
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND18434/index.html

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽