(物語) ある家族の物語 ~泣きながら生きて~

青年と呼ぶには、彼は年を取り過ぎていたかもしれない。彼は日本で人生の再出発を遂げようとしていた。住み慣れた上海に、妻と娘を残して。

丁尚彪(ていしょうひょう)さんは上海で生まれた。もし彼が今の中国に生まれていたら、彼の人生は大きく変わっていただろう。努力家で勉強熱心な彼は、もしかしたらアメリカやイギリスの有名大学を卒業できたかもしれない。しかし、彼が生を受けたのは1954年。彼の人生は、中国全土を覆った「文化大革命」の影響を受けざるを得なかった。

権力闘争と極端な共産主義思想に端を発する文化大革命は、「下放(かほう)」という政策を実行させる。「農民に学べ」というスローガンの下、都会の多くの若者が農村に送り込まれた。丁さんも例外ではなく、電気もガスもない貧しい農村での生活を余儀なくされ、満足な教育を受けることもできなかった。絶望の中で、彼は運命の人と出会う。星さんという女性だった。二人は惹かれあい、結婚した。二人は上海へ戻って新しい生活を始めた。やがて一人の女の子が生まれた。丁さんは希望を表す「琳(りん」と名づけた。(注)

ある日、丁さんは日本語学校のパンフレットを偶然手にした。それは丁さんにとって一縷の希望だった。日本へ渡り、日本語を勉強した後大学へ進学、日本で就職する。そして妻と娘を呼び寄せる。文化大革命によって奪われた人生を日本で再出発する。そう思い描いた。丁さんは親戚や知人に頼み込んで42万円を借りた。その金額は当時の夫婦二人の15年分の収入額だった。

1989年、丁さんは日本にやってきた。しかし、日本語学校のある場所は東京や大坂といった都会ではなく、「マリモ」で有名な北海道の阿寒町。しかも住所は「番外地」と記されていた。多額の借金を抱える丁さんは、働いてお金を返しながら勉強しなければならない。しかし、町の有力産業である雄別炭鉱は既に閉山しており、過疎化が進んでいた。仕事はなかった。そもそも阿寒町が日本語学校を作ったのは、炭鉱閉山による過疎化を何とかしたい、という危機感からだった。借金があるため中国には帰れない。悩んだ挙句、丁さんは東京へ向かう。滞在ビザの更新は認められない。こうして不法滞在者として丁さんは東京で働き続ける。

7年の時が流れた。

丁さんは東京で働いていた。日本へ来て以来7年間、一度も帰国していない。帰国したが最後、もう二度と日本へ戻れないからだ。彼は幾つもの仕事を掛け持ち、過酷な労働に耐えた。さらに仕事を終えた後、深夜まで資格の勉強をした。仕事に困らないように、幾つもの資格を取得した。彼が住むのは都電荒川線が傍を走る古い木造アパート。その壁には、当時小学校4年生だった琳さんの写真が貼られていた。丁さんは、稼いだほぼ全てのお金を中国の家族の元へ送金していた。

その頃、娘の琳さんは上海有数の進学校、復旦大学付属高校で学んでいた。彼女には胸に秘めた夢があった。それはアメリカへ留学して医学を勉強すること。猛勉強の末、彼女はニューヨーク州立大学(State University of New York; SUNY)に合格した。この大学は、留学生をはじめ幅広い人材を迎え、全米でも有数の規模を誇る大学である。

旅立ちの日がやってきた。母と親戚が虹橋空港まで見送りに来た。空港の出発フロアー。小さくなっていく娘の姿に、星さんは涙で立っていることができなかった。8年前、夫を見送ったこの空港で今、娘を見送る。娘の旅立ち。それは、家族三人が上海、東京、ニューヨークと異なる国で離れ離れで生活することを意味していた。

さらに5年の歳月が流れた。

星さんはずっとこの日を待ち続けていた。日本人と違って、中国人にはアメリカ合衆国ビザ免除プログラム(Visa Waiver Program; VWP)が適用されない。観光であっても必ずビザを取得する必要があるのだ。娘の渡米からずっと申請し続けていたビザが、12回目にしてやっと認められた。ニューヨークへ向かう途中、成田空港で飛行機を乗り換えることにした。乗り換えを最大限利用すると東京に72時間滞在することができる。この時間を利用して13年ぶりに夫と再会を果たす。

新装なった上海浦東国際空港。真新しい空港は、新しい時代の到来を告げているかのようだった。13年間離れ離れ。娘も旅立ち、上海にただ一人取り残された母。夫の待つ東京へ。娘の待つニューヨークへ。長い長い時間を越え、上海を飛び立つ。

成田空港へ到着した星さんは、待ち合わせ場所の京成日暮里駅へと急いだ。空白の時間を埋めるかのように、特急電車は日暮里駅へとひた走る。電車が日暮里駅に到着した。そこで彼女が見たのは、あの頃と変わらぬ優しい夫の笑顔だった。

二人は、丁さんの住む豊島区の家へと向かった。そこで星さんは壁に掲げられていた娘と家族の写真を目にする。丁さんは13年間も会えなかったことを詫びた。星さんは家族を愛し、身を挺して娘の夢を実現させようとしている夫の姿を見た。涙が止まらなかった。

~~

72時間の魔法がとける時がやってきた。

二人は成田空港へ向かう電車に乗った。丁さんは不法滞在の身のため、身分証明者の提示が求められる成田空港まで行くことができない。彼が行けるのは空港第二ビル駅の一つ手前、成田駅まで。二日前、二人の再会を果たすためにひた走った電車が、今日は二人を引き裂くかのように空港へと急ぐ。別れの時が、刻一刻と迫ってくる。電車の中で二人は会話を交わさない。電車は無常にも成田駅のホームへ滑り込んだ。

丁さんはドアが開くと同時に電車を降り、ホームからただ黙って電車を見ていた。停車時間は1分。二人が会話を交わすことはなかった。やがて発車ベルがホームに鳴り響き、電車の車窓が少しずつ右から左へと動き出した。二人は視線を合わさず、ただ短く手を振った。それが別れの挨拶だった。丁さんの目から涙があふれ、星さんも涙が止まらなかった。

丁さんはこう語る。

「別れ。言葉にならないです。夫婦なのに、13年間も一緒にいてあげることができませんでした。妻には大変な苦労をさせてしまった。本当に申し訳なく思います」

「私の家はとても貧乏で、母は字もろくに読めませんでした。私も教育を受けていません。だから、子供を立派に育てたい」

「国家の代表者には、国を良くしていく責任があるように、私には親として子供を育てる義務があります。この義務を果たすために、親は一生懸命生きなければなりません。人には命を懸けて頑張る精神が必要なのだと思います。日本人の皆さんは頑張っている。中国から来た我々は、日本人のこの精神に学ぶことが重要です」

星さんはこう語る。

「今回再会してみて、電話では分からない色々なことが分かりました。最初に夫を見たとき、随分老け込んだと思いました。歯と歯の間が開いてしまって、歯茎が出ていた。昔、夫の歯はああではありませんでした」

「娘はお父さんに感謝しなければなりません。お父さんがいなければ、今の彼女はありません」

~~

成田発12時。日本航空5便ニューヨーク行きは、星さんを乗せて日本を離れた。機内で星さんは、ずっと黙って座っていた。12時間のフライトが終わり、窓から娘が住むニューヨークの街が見えてきた。飛行機は、その大きな翼を傾けながら着陸体制に入った。

ニューヨーク・ジョン・F・ケネディ国際空港第1ターミナルビル。そこには、最愛の娘が待っていた。到着ホールから出てくる母を見つけると、琳さんは駆け寄って抱きついた。娘の頬から涙が溢れる。その時母は、優しく笑って娘を抱きしめた。

ある家族の、優しい物語である。


~~
(参考文献ならびに引用)

フジテレビジョン「泣きながら生きて」(2006年11月3日放送)
http://www.fujitv.co.jp/ichioshi06/061103nakinagara/index2.html

*この作品は、2009年11月28日より新宿バルト9をはじめ、全国で劇場公開される。

「泣きながら生きて」 特別サイト
http://nakinagara.net/intro.html

木下康彦・木村精二・吉田寅編「詳説世界史研究」(山川出版社)

(注)
琳さんの正しい漢字表記は「日編」である。日本語にはないため、この表記を用いた。

テーマ : ちょっといい話 - ジャンル : ブログ

(風景写真) 上海散歩

上海の路地を入って、歩いてみました。

IMG_2280.jpg

IMG_2281.jpg

IMG_2282.jpg

IMG_2271.jpg

IMG_2287.jpg

テーマ : 中国旅行 - ジャンル : 旅行

(旅日記) 外難

IMG_2259_20091122220355.jpg
上海に来たら外せないのが、ここ外難(バンド)の夜景である。このエリアは、黄浦江という川沿いに面したエリア。テレビとかで上海が紹介される時、ここの風景がよく出てくる。

その中でも有名なのがこのテレビ塔。
IMG_2256_20091122220355.jpg

日本の森ビルが作った世界金融環球中心も美しい。103階まで上ることができる(有料)
IMG_2262.jpg


息を呑む美しさです。
IMG_2260.jpg

IMG_2293.jpg

テーマ : 中国旅行 - ジャンル : 旅行

(旅日記) 南京東路

IMG_2251.jpg

上海一の繁華街、南京東路(ナンキン ドングルー)。多くの歴史ある建物がライトアップされており、とてもきれいでした。なんで上海なのに南京って名前なのかは分からなかった。中国語ができないから調べようもないし。
IMG_2252.jpg

夜になり、ますます街は賑わいを見せます。
IMG_2253.jpg

吉野家も進出してました。
IMG_2254.jpg

テーマ : 中国旅行 - ジャンル : 旅行

(旅日記) 豫園

上海の定番観光スポットは豫園(ヨエン)、外難(バンド)と南京東路(ナンキン ドングルー)の3エリアが代表的である。

IMG_2235.jpg

豫園は、16世紀に建てられた庭園である。明の時代のお役人さんが19年間かけて作ったらしい。無料エリアと有料エリアの2つがあり、無料エリアはいかにも中国!という人だかりだった。正月の川崎大師のようである。ここに上海でも有名な小龍包のお店がある。う…うまい。。。中国建築物混じって、スターバックスもありました。

IMG_2244.jpg


中に入ると、京都の東福寺にちょっと似ている気がしました。人もあまりいないので、ゆっくりできます。
IMG_2239.jpg

IMG_2241.jpg

テーマ : 中国旅行 - ジャンル : 旅行

(旅日記) 上海浦東国際空港

IMG_2213.jpg

成田を飛び立ったJAL621便は、まるで国内線の羽田ー福岡線のようなルートで飛行する。途中、紀伊半島、高松、佐賀上空を通過、そのまま西へ飛び続け上海浦東(プートン)国際空港に到着した。飛行時間は2時間40分ほど。近い・・シドニーやパリはあんなに遠いのに。
IMG_2207.jpg

私は香港には行ったことがあるが、中国本土は初めてだ。上海は大都会と聞いているが、ちょっとドキドキ。ちなみに中国語はまったくできない。それもドキドキ。

上海には2つの空港がある。一つは国際空港であるここ浦東(プートン)国際空港、もう一つは国内線がメインの虹橋(ホンチャオ)空港である。但し、虹橋空港へは羽田からチャーター便が飛んでおり、帰りはそちらを利用する。

浦東空港でかい!しかも広くて綺麗だ。
IMG_2213_20091122213110.jpg

ここから市街地までは、世界唯一の浮上式のリニアモーターカーで地下鉄2号線の龍陽路駅が走っている(浮いて飛んでいる!?)。航空券の半券をチケットブースで見せると、割引が受けられる。
IMG_2215_20091122211936.jpg

最高時速は430キロ!だが、残念ながら私が乗った時は最高301キロだった。それでも早い。しかも、東海道新幹線のように揺れない。全線でわずか8分しかないのだが、そのすごさを見せ付けられました。

IMG_2218.jpg

テーマ : 中国旅行 - ジャンル : 旅行

(旅日記) 再び西へ

IMG_2202.jpg

成田空港こそ、海外への旅立ちにふさわしい。

この国際空港は、独特の雰囲気を持っている。私はこの雰囲気が好きである。来年10月に完成する羽田の新しい国際線ターミナルビルがどうなるかにもよるが、旅立ちはやはりこの成田がいい。私の住む川崎から成田まではいつも電車を使うが、その時間も旅気分を盛り上げる。但し、帰りは早く家に帰りたいので、羽田がいいと思う。

今回私の海外旅行史上初めて、行きは成田、帰りは羽田を使ってみた。ちょっと時代を先取ってみました。

IMG_2201.jpg

テーマ : 中国旅行 - ジャンル : 旅行

(波乗り日記) 平砂浦・ファミリーパークP

IMG_2386.jpg

晴れ 気温25度 風 弱いオフショア 波 セットコシ~カタ

潮風王国で栗ソフトクリームをたいらげ、野島崎灯台、白浜、ビーチボーイズの撮影地布良海岸(めらかいがん)を通り抜け、平砂浦へ到着。
IMG_2387.jpg


波はパーフェクト!風は弱く、フェイスもきれい。セット間隔は長めだ。この日から新たに投入される新ウエットスーツは、5ミリ3ミリのセミドライ。シーガル持ってくればよかった・・・


海に入ると、まだまだ水は温かい。セット間隔が長いのでパドリングがしやすい。1本目からいい波がブレイク。20メートルくらいは走ったかな?2回はターンできる波だ。2本目は大きく右へカットバックを入れてみた。最高に気持ちいい!

1回休憩を入れ、計15本くらいは乗ったかな?和田浦の蟹さんや海底ケーブルのことはすっかり忘れ、大満足の波乗りデーでした。
IMG_2388_20091102013922.jpg
IMG_2393.jpg

きれいな夕日を見ながら海を後にしました。もう17時を過ぎたら真っ暗ですね。

テーマ : サーフィン・ボディボード - ジャンル : スポーツ

(波乗り日記) 千倉・潮風王国

IMG_2376.jpg

千倉から平砂浦へは国道410号線を南下して、房総半島のの淵を回るような感じになる。途中、道の駅の「潮風王国」に立ち寄る。必ずこういうのに立ち寄るのが私の性である。

IMG_2378.jpg

ここには「第一千倉丸」という船がある。
IMG_2380.jpg

IMG_2381.jpg

最上階から見た風景はこんな感じ。
IMG_2383.jpg

束の間の船長気分が味わえるナイスな施設です。
道の駅の建物の中に入ると、おみやげ物屋さんがいっぱい。特に魚が充実しています。

道の駅ちくら 潮風王国 (南房総市)
http://www.shiokaze-oukoku.jp/

(波乗り日記) 千倉と海底ケーブルの話

和田浦から車で15分ほど、千倉Pへ到着。ダメだ~。幾分ましだけど、波数が多くてフェイスも悪い。平砂浦へさらに移動します。

この日の千倉の沖には見慣れぬ船が。おそらくこれは海底ケーブルの敷設船だと直感で思った。この千倉には日本と世界を繋ぐ重要な通信施設がある。それがKDDI千倉海底線中継所。ここから台湾や中国やシンガポール等のアジア諸国を結ぶAsia Pacific Cable Network 2, "APCN2"という海底ケーブルと、アメリカのロサンゼルスまで結ぶ"Unity"という海底ケーブルが繋がっている。
P1070275_20091102003944.jpg

IMG_2373.jpg

KDDIに聞きました。インターネットの「元栓」ってどこ?
http://www.aerovision.jp/articles/kddi02.html

偶然だが、この日は海底ケーブルの陸揚げ記念セレモニーが千倉海岸で開催されたようだ。DWDM技術が確立したか。7.68Tbpsとはすごい。

KDDIやGoogleなど出資の日米間海底ケーブル「Unity」が陸揚げ,2010年春に運用開始
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20091101/339898/

日本~米国間光海底ケーブルネットワーク「Unity」の共同建設協定締結について〈参考〉
http://www.kddi.com/corporate/news_release/2008/0226/sanko.html


サーファーの皆さんは、海底ケーブルを引っ掛けないように注意しましょう。

テーマ : サーフィン・ボディボード - ジャンル : スポーツ

(波乗り日記) 和田浦・花篭P

IMG_2371.jpg

晴れ 気温25度 波コシ~カタ  風 強いオンショア

すっかり南房総がホームとなりつつある今日この頃。鵠沼は11月の初めまでお預けになりそうだ。
この日の和田浦・花篭Pはかなり強いオンショアで、波のフェイスがぐちゃぐちゃ。パドリングが大変そうだ。楽しめそうにないので、千倉へ移動します。

IMG_2370.jpg


車へ戻る途中、蟹さんに遭遇しました。
 IMG_2372.jpg

テーマ : サーフィン・ボディボード - ジャンル : スポーツ

(音楽) "Falling For You" ( Colbie Caillat)

うららかな日差しが海岸に降り注ぐこの季節、波乗りにはもってこいの日々が続いている。

コルビー・キャレイ(Colbie Caillat)の"Falling For You"は、爽やかで、優しいカントリーミュージック。PVに出てくる海やちょっとあぶなっかしい波乗りシーンも心を和ませてくれる。

海岸線ドライブのよいBGMになってくれるでしょう。

"Falling For You" PV&Lirics
http://www.musicloversgroup.com/colbie-caillat-fallin-for-you-lyrics-and-video/

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽