スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(季節) 森戸の浜の盆踊り

IMG_1397.jpg
IMG_1400.jpg

スターバックスを後にして、森戸海岸へ向かう。ここに来るのは随分久しぶりだ。今晩は葉山町の夏の風物詩「森戸の浜の盆踊り」の開催日。2年ぶりに参加します。

この盆踊りの特徴は「盆バンド」というバンドによる生演奏で、とても迫力がある。「炭坑節」「花笠音頭」「東京音頭」「葉山音頭」と続く。今年は北海道の「北海音頭」とやらもあったな。これはまったく手も足も出なかった。「葉山音頭」は難しかった!!来年は婦人会「弥生会」に入って特訓しようかな?今年も楽しませて頂きました。

この祭りが終わると、夏の終わりを告げる一陣の秋風が、海岸を吹き抜けていきます。


森戸の浜の盆踊り
http://bonfes.exblog.jp/

IMG_1415.jpg

IMG_1416.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 神奈川 - ジャンル : 地域情報

(音楽) "夏の思い出" (ケツメイシ)

ケツメの歌の中で「さくら」と並んで一番好きな歌。明るい感じの曲調にせつない男の恋心を載せている歌詞が絶妙。夏じゃなくても波乗り行くときにはまず最初に車でかかる歌なんだけど、やっぱり夏の終わりに聞くといいな。

~~

いくつ夏を走り抜けても変わらない青い波の群れ
波風 抱かれ 響く古い恋の歌も今では真夏の夢
思い出す二人通った渚 夕日で黄金色に輝いた
夜風舞う 浜辺を歩くときは 月明かりの元でキスをした
君が夏が好きで いつか ノリで確か 海へ行ってからそのまま
やけた肌から見せた笑顔に 君と海の虜に
あれから月日流れて 寄り添い笑った写真を眺めて
浜辺で一人 二人の夢ほどいて 振り返る あの夏の思い出

(引用) COPYRIGHT 2003 TOY'S FACTORY, Tokyo Japan
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND17202/index.html
~~

多分、女の子より男の方が「うんうん、分かる分かる」って共感する人が多い気がする(昔の写真は川崎大師に奉納した方がいいとは思うが・・・)

夏の終わりに、海岸線を走るときに聞きたい歌です。


PV「夏の思い出」 
http://www.dailymotion.com/video/x18ic1_pv_music
  

http://www.amazon.co.jp/product-reviews/B00009XMMX/ref=cm_cr_dp_synop?ie=UTF8&showViewpoints=0&sortBy=bySubmissionDateDescending#R12GJ0DMAZSPWX

テーマ : お気に入り&好きな音楽 - ジャンル : 音楽

(Cafe) スターバックスコーヒー 葉山海岸通り店

IMG_1412.jpg

この夏3回目の葉山。今日は一色海岸で泳いでから、森戸海岸へ移動して「森戸の浜の盆踊り」に参加します。

一色海岸からバスで森戸海岸へ移動、ちょっとした旅気分である。このバス停から少し歩くと、スターバックスコーヒー葉山海岸通り店があります。私はスターバックスコーヒー渋谷文化村通り店のオープニングスタッフだった。あの頃、葉山にもお店ができるとは夢にも思わなかったな~

この店のある葉山町の森戸海岸一帯は、最近お洒落な店ができ始めている。雰囲気はアメリカだと西海岸のサンディゴ近郊にあるラ・ホヤ、オーストラリアだとサンシャインコーストにあるヌーサという街にとても似ている気がします。

駐車場も用意してあるという配慮が嬉しい。次は車で来てみようかな?このお店のすぐ裏に、葉山で大人気のコロッケ屋さんがある。
IMG_1413.jpg

「葉山海岸通り店」という名前が素敵です。

テーマ : cafe - ジャンル : グルメ

(音楽) Love Story  (Taylor Swift)

GAGAが尖鋭的でアグレッシブなのに対し、テイラー・スイフト(Taylor Swift)の歌声は優しく、耳に心地いい。しかも超可愛いし。この「Love Story」はスイフトの魅力が凝縮された一曲。

いかにもオーストラリアのFMラジオでかかっていそうな、心地いい曲です。

Taylor Swift Official Site
http://www.taylorswift.com/

PV "Love Story"(Taylor Swift)
http://www.youtube.com/watch?v=z4xmxb9K8RI&feature=related

i98fm
http://www.i98fm.com.au/

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

(波乗り日記) 花篭(和田浦)

NEC_0001_20090811233333.jpg

晴れ 気温28度 波:Setコシ 風:無風

4900円→4000円→3000円→2320円→1500円→1000円と値下げを繰り返してきた東京湾アクアライン。ついに、この8月からETC付きの普通車は時間・曜日を問わず800円!!になった(一応期間限定)。金曜日に千葉へ行くことが増えたので、これは嬉しい。
http://www.driveplaza.com/etc/aqualine.html

そのアクアラインを通って、南房総の和田浦の花篭ポイントを目指した。ご用達の南三原駐車場に到着。ここのおばちゃんは本当に親切で好き。しかもシャワーもボードの洗い場も完備してあるのが嬉しい。

NEC_0011_20090811233343.jpg


この日は千葉全般に波がない。幸い、花篭は少しだけ波が立っていた。フェイスもイマイチだったが、きちんとブレイクしていた。さっそく波乗り開始。

初めの数本はうまくタイミングが取れなかったが、次第に慣れてきた。とにかくカレントが強い。すぐに鴨川方面へ流されていく。その度にパドリングで戻る。

結局6本くらいは乗った。満足いくのはあんまなかったな。。しくしく。
次回に期待です。

テーマ : サーフィン・ボディボード - ジャンル : スポーツ

(音楽) "海岸中央通り" (キマグレン) from Album "空×少年"

今年は「いかにも夏!」っていう歌が少ない気がする。キマグレンの「海岸中央通り」は、いかにも夏!!っていう感じの歌。

また海に行きたくなります。

アルバム 「空×少年」
http://www.amazon.co.jp/%E7%A9%BA%C3%97%E5%B0%91%E5%B9%B4-%E3%82%AD%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%B3/dp/B00279AT6C%3FSubscriptionId%3D01MZ95MKVEZ3ANZHQ2G2%26tag%3Dslx-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB00279AT6C

キマグレン 公式サイト
http://www.kimaguren.com/top.html

音霊STUDIO 公式サイト
http://www.otodama-beach.com/

テーマ : お気に入り&好きな音楽 - ジャンル : 音楽

(音楽) 「Summer」 (久石譲)

夏の海に似合うインストゥルーメンタル。久石譲「Summer」。
http://www.youtube.com/watch?v=sHhtFOVSC0k

テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽

(物語) 優しいネックレス

ファッション雑誌「小悪魔ageha」のモデルさん、と聞けば怪訝な顔をする人も多いかもしれない。その人気モデルだった純恋(すみれ、本名は石川安里沙)さんがデザインしたネックレスが、大きな反響を呼んでいる。

純恋さんは東北の岩手の出身。高校卒業後に仙台にある専門学校に進学、在学時に読者モデルとして幾つかの雑誌に出るようになり、東京の事務所と契約した。看護師だったお母さんの影響を受けて、純恋さんは何か社会の役に立ちたいと考えていた。そこで純恋さんは、病気の子供達を支援する「日本児童家庭文化協会」の活動に参加する。

純恋さんの人柄を偲ばせるこんなエピソードが残っている。

ある日、純恋さんはイルカと触れ合う活動に参加した。活動が行われた日は天気が良く、日差しが強かった。日焼けはモデルの天敵。周りの人たちは純恋さんの日焼けを心配した。しかし純恋さんは、そんなの全然気にしないです、と笑って答えたという。

さらに純恋さんは、子供達のために好きだったネックレスをデザインすることを考え始める。困っている人たちを助けるブランドにしたい、と願っていたという。

しかし、純恋さんは2009年の春頃に体に異変を感じていた。吐き気や目まいがひどくなった。病院で検査を受けたが、詳しい原因は分からない。純恋さんはモデルの仕事を休むようになったが、それでも子供達のために色々な企画を提案したり、ネックレスのデザイン作業を続けた。

2009年6月6日、ネックレスの実物が完成した。だが、純恋さんがその実物を見ることはなかった。ネックレスの完成からわずか4日後の2009年6月10日、21歳の若さで、純恋さんはその短すぎる生涯を終えた。

~~

お母さんの良子さんは、娘にネックレスを身につけさせてあげることはできなかったが、その思いが多くの人に届くことを願っています、と語っている。ネックレスの販売は、純恋さんの遺志を受け継ぎ、所属していた事務所が担当する。その収益は日本児童家庭文化協会へと寄付されることになっている。

この話が2009年7月25日の読売新聞に掲載されると、多くの読者から大きな反響を呼んだ。同世代や同姓の女性だけではなく、娘や妻に純恋さんのネックレスをプレゼントしたいというお父さん、病気を患いながらも慈善活動に取り組んでいた純恋さんに勇気をもらったというおじいちゃんもいた。反響の大きさにサーバーがダウンしてしまう程だったという。

純恋さんが描いたネックレスは、2つのハートが繋がっている形をしている。そのデザインには、純恋さんの優しさと、人と人との心の繋がりを願う純恋さんの想いが込められている。


Sumire's Officaial Site
http://www.sumire.org/

(参考文献および引用)
読売新聞2009年7月25日、7月29日
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090729-OYT1T00617.htm

テーマ : ちょっといい話 - ジャンル : ブログ

(風景写真) 葉山・トワイライト

IMG_1408.jpg

葉山は、黄昏時が最も美しい。

NEC_0012_20090805210808.jpg

IMG_1411.jpg

IMG_1409.jpg

IMG_1410.jpg

夕凪の海岸に、優しい光が降り注ぎます。

テーマ : 風景写真 - ジャンル : 写真

(季節) 葉山の夏

IMG_1223.jpg

キマグレンバスは、葉山町の一色海岸に到着。 一色海岸バス停で降り、富士屋という馴染みのお店に立ち寄っておばちゃんと世間話。もう長い付き合いである。葉山は人情が溢れる街だ。
IMG_1211.jpg

お店を出て、一色海岸へ続く細い道を歩いていく。この細い道を歩くのが私は好きだ。
IMG_1214.jpg

毎年お世話になる海の家「一色ロイヤルビーチ」は今年も健在。ただ、今年はちょっと変化があって、タレントのベッキーさんのお父上、サイモンさんが運営する「PAPA BEK」というシーサイドバーが併設されていた。例年、一色ロイヤルビーチは17時には閉まってしまうので、隣の「Brue Moon」というシーサイドバーでコロナビールを飲むことになっているが、今年から変わりそうだ。
IMG_1231.jpg

サイモンさんと実際にお話する機会があった。びっくりしたのは、飼っている犬のブリーダー(子犬の育て主のこと)が私の留学していたオーストラリアのウーロンゴンだったこと。すっかり意気投合しました。ここのローストビーフは美味しかった!本格的な味だ。
IMG_1237.jpg

通常、葉山は波が小さすぎて波乗りはできないのだが、この日の葉山は波が高く、たまにいい波が入ってきていた。サーファーの血が騒ぐ。ボデイーボードくらい持ってくればよかったかな。思えば、ここで小学生の頃にボデイーボード(ここ一色ロイヤルビーチでは「サーフライダー」と言う)を始めたのが、私の波乗り人生の始まりでした。

でもこの日は波乗りはお休み。のんびり過ごすのが私の葉山時間。
今年も葉山の夏は素敵です。
IMG_1243.jpg

IMG_1242.jpg

テーマ : 日帰りお出かけ - ジャンル : 旅行

(旅日記) 葉山へ

この日は、毎年恒例の葉山海水浴大会の開催日である。

JR南武線鹿島田駅で電車を降り、5分ほど離れたJR横須賀線新川崎駅まで歩く。この鹿島田駅から続く古ぼけた商店街を歩くのが私は好きである。だが、この恒例行事も今年限りだ。JR東日本は、横須賀線の武蔵小杉新駅の設置工事中である。9月5日、12日の2日間には電車を止めて工事が行われる予定だ。
http://www.jreast.co.jp/suspend/index.html

横須賀線の武蔵小杉駅が完成したら、もうここを歩くことはないかもしれない。一抹の寂しさを感じるが、これも時の流れだろう。新川崎駅から逗子駅まで、横須賀線のグリーン車で移動。プチ贅沢もいいもんだ。逗子駅に着くと、去年まであったドトールコーヒーがベックスコーヒーに変わっていた。

IMG_1205.jpg

この逗子は、昨年ブレイクしたキマグレンの故郷。キマグレンのお二人が運営するライブハウス&海の家「音霊STUDIO」は今年で5周年を迎える。 去年、8月31日のライブのチケット取れなかったんだよなー。都内の金券ショップを回っても売ってなかった。しかし友人曰く、海岸まで行けばライブハウスの外まで音は聞こえたそうだ。
http://www.otodama-beach.com/

このキマグレンと、JR逗子駅と私が最も好きな葉山町の一色海岸まで結ぶ京急バスがコラボして、「キマグレン×KEIKYU」のラッピングバスが走っている。降車ベルを押すと「LIFE」のメロデイーが流れ、その後2人の声でアナウンスが流れる仕組みになっている。バスの後方には2人のサインが書かれていた。神奈川新聞のニュースで知っていたが、ラッキーなことに我々はこのラッピングバスに乗ることができた。
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryivjun0906521/

IMG_1207.jpg
IMG_1208.jpg
IMG_1209.jpg

キマグレンバスは、真夏の葉山へ向かいます。

テーマ : 日帰りお出かけ - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。