スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(物語) 駅前交番のおまわりさん

献花台には多くの人が訪れていた。小学3年生の男の子は、自宅から自転車で20分かけてやってきた。近所に住むお母さんは、あの日の感謝が忘れられない。仕事帰りのカップルは、その手に可愛い小さな花を携えていた。訪れる誰もが、彼の勇気を称えていた。


警視庁板橋警察署常盤台交番に勤める宮本邦彦巡査部長は、地域の住民から愛されるおまわりさん。「生涯、一おまわりさん」であることを誇りに、日々の仕事をこなしていた。

宮本さんは北海道札幌の生まれ。学生時代は新聞配達のアルバイトをして学費を稼いだ。夢は警察官になること。警察官と言ってもテレビや映画に出てくるような派手な刑事ではなく、街の人から親しまれる駐在所の勤務を希望していた。念願かなって、大学卒業後に警察学校へ入学した。

宮本さんは運動が大の苦手だったが、警察官になるためにはどうしても武道の資格がいる。宮本さんは剣道の資格を取ることにした。最初のうちは素振りでもワンテンポ遅れてしまうほどだったが、猛烈な努力を重ねて深夜まで練習に励み、気が付けば同期よりも強くなっていたという。愚直なまでの一生懸命さで、宮本さんは警察官としての第一歩を踏み出した。

最初に配属されたのは警視庁町田警察署管轄の南大谷駐在所。10年あまりの月日をここで過ごし、やがて板橋区にある東武鉄道東上線ときわ台駅近くの常盤台交番に配属された。

宮本さんの勤務姿を、今でも多くの住民は覚えている。

夜道、不審者に付きまとわれて困っていた若い女性。交番で宮本さんに相談した。その日以来、宮本さんは街をパトロールする度に、女性の家のポストに異常がないことを伝えるメッセージを紙に書いて置いていった。その女性は、宮本さんの心遣いに今でも感謝しているという。

小学生の女の子とその父親。ある日、女の子の携帯電話にチェーンメールが送付されてきた。誰かにメールを転送しないと殺されると書かれたメールに、その女の子は怯えていた。父親と一緒に常盤台交番にやってきたが、対応した警察官はどう対応していいのか分からなかった。そこにパトロールを終えた宮本さんがやってきた。宮本さんは携帯電話を見るなり、「こんなものは無視しなさい。もしまたこんなメールがきたらきちんと捜査します。皆さんの安全を守ることが、我々の仕事です」と言った。

その子のお父さんは、「警察にこんな相談をしても相手にしてくれないと思っていましたが、宮本さんの言葉にとても安心しました」と語っている。

夫と別れた52歳の女性。彼女は女手一つで息子を育てていた。ある年の年末、息子が夜中に街を出歩き、宮本さんに呼び止められた。宮本さんは交番へ彼を連れて行き、自分の将来に悩んでいるという彼に向ってこう言って励ました。「自分の好きなことをしっかりやったらいいよ。」 息子の教育に悩んでいた彼女は、息子からその話を聞き、感謝の念が絶えなかったという。

交番にやってくるのは不良やいじめられっ子、自転車の鍵を失くした小学生、刑務所を出所したばかりの男性など、実に様々だった。宮本さんは常に誠実に、そして優しく接していた。

~~
事件が起こったのは2007年2月6日。宮本さんは一人の女性と交番で話し合っていた。彼女は心の病を患っており、死にたいと言ってきかなかった。彼女は突然交番を飛び出し、遮断機が降りていた東武東上線の踏切の中へと入っていってしまう。宮本さんも追いかけて踏切の中へと入っていき、泣き叫ぶ彼女を身を挺して引きとめようとした。その時、池袋発小川町行きの急行電車が近づいていた。

東武東上線の急行電車は、ときわ台駅には停車しない。二人の姿を見つけた急行電車の運転手は、警笛を鳴らして急ブレーキをかけた。「止まってくれ!」宮本さんは女性をホームの下の緊急避難口へ突き飛ばしながら、そう叫んだという。

ブレーキは、間に合わなかった。

「宮本!しっかりしろ!」 救出活動にあたった常盤台交番の同僚が叫んだ。救急車で病院に運ばれた宮本さん。集中治療室で必死の看護が続いた。この事件はメディアによって大きく報道され、常盤台交番には宮本さんを知る地域の人達が集まってきた。近くの小学校の児童達は、祈りをこめて千羽鶴を折った。報道で宮本さんの勇敢な行動を知った全国の人達からは、励ましと安否を気遣う多くのメッセージが届いた。交番に入りきることができないくらいの千羽鶴が届けられた。誰もが、勇敢な警察官の回復を祈った。

だが、祈りは届かなかった。
2007年2月12日、宮本邦彦さんは静かに息を引き取った。


板橋区の隣町、練馬区に住む小学3年生の高妻竜児君は、テレビで宮本さんのことを知り、自転車で20分かけて常盤台交番までやってきた。その小さな手には3羽の折り鶴が握られていた。高妻君は読売新聞の記者に「宮本さんは勇気がある。自分の命を捨ててまで人の命を救ってくれてありがとうございますと言いたいです」と話した。

息子が夜中に宮本さんに励まされたというあのお母さんは、「犯罪のない世の中になるよう、見守っていて下さい」と話した。

警視庁板橋警察署の滝沢慶二署長(当時)は、「責任感と正義感から自分の身の危険を顧みず職務をまっとうした宮本巡査部長は、我々板橋警察署全員の誇りであります」とコメントを発表した。

高妻君を始め、宮本さんの献花台に記帳に訪れた人は500名を越える。交番に届けられた多くの優しい心。そこには小学生が書いた色紙も多い。

「宮本邦彦巡査部長殿。わたしたちは忘れません」

「誇り」

「宮本さん。今までありがとうございました。決して忘れません」

宮本さんの遺体を乗せた棺が板橋警察署を出棺する際、板橋警察署の警察官達は棺に向って整然と敬礼した。その後2月14日と15日に営まれた通夜・告別式には、1200人もの市民が訪れたという。

多くの人達から愛された駅前交番のおまわりさん、宮本邦彦巡査部長。事件を伝える2007年2月23日の読売新聞の記事。そこには、こんな見出しが付けられている。

「勇気に敬礼」


~~

警視庁板橋警察署「常盤台交番」
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/10/itabashi/koban/koban_tokiwa.htm

(参考文献) 
読売新聞2007年2月8日、23日朝刊

フジテレビジョン「死ぬんじゃない!~実録ドラマ・宮本警部が遺したもの~」
http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2008/08-013.html

山口 秀範著 「殉職・宮本警部が伝えたかったこと」 (楽書ブックス)
http://www.amazon.co.jp/%E6%AE%89%E8%81%B7%E3%83%BB%E5%AE%AE%E6%9C%AC%E8%AD%A6%E9%83%A8%E3%81%8C%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%93%E3%81%A8-%E6%A5%BD%E6%9B%B8%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E5%B1%B1%E5%8F%A3-%E7%A7%80%E7%AF%84/dp/4806132926/ref=pd_sim_b_1

(注)役職は当時のもの
スポンサーサイト

テーマ : ちょっといい話 - ジャンル : ブログ

(波乗り日記) 鵠沼 

晴れ 気温30度 波 セットコシ 風 ややオンショア

この日は、千葉が全滅。太東なんかフラットだった。ところが鵠沼はセットコシ~肩との情報。早速鵠沼へ行って見た。

河口前P~鵠プーPは大会で使えず。船前Pでは子供達が地引網大会を決行中。かなり右の方へずれたが人が多すぎ。気合で5本ほど乗ったものの、いいライデイングができたのは2本だけでした。

今週は千葉→南伊豆のトリップにでかけます。

テーマ : サーフィン・ボディボード - ジャンル : スポーツ

(デジタル) iPod Touchとワイヤレスゲート~マックで気軽にインターネット~

家や会社以外でインターネットをしたい、写真、ミュージックビデオ、DVDを気軽に外で見たいという方も多いだろう。また、docomoやauユーザーでiPhoneは欲しいが乗り換えたくない、2台持ちは費用面でつらいという方も多いだろう。

そこでお勧めなのが、iPod Touchを買って、ワイヤレスゲートという無線LANサービスを契約する方法である。

iPod TouchとはiPhoneの双子のようなもので、平たく言うと電話とカメラ機能を省いたiPhoneと言える。外見もiPhoneとほとんど変わらない。8GB、16GB、32GBの3モデルがある。このアプリとしてiPhoneと同じ「Safari」があり、無線LAN(Wi-Fi)エリアではiPhoneと同じくインターネットが可能だ。写真やビデオファイルも取り込める。動画の取り込みにはオープンソース・ソフトウェアの「HandBreak」が便利だ。

HandBreak 日本語版
http://sourceforge.jp/projects/handbrake-jp/wiki/FrontPage

私はまず家のネット環境を無線LANに変えた。これは家電量販店に行ってBuffalo製の無線LANルーターを買ってくれば比較的簡単に設定できる。ごちゃごちゃした有線LANがなくなり、かなりすっきりした。次にiPod Touchを設定、Buffaloのルーターに説明書があったので簡単だった。これでiPod Touchでインターネットができるようになった。寝転びながら「湘南の今日の波」がチェックできるようになったのは嬉しい。
http://www.1173.co.jp/
http://www.bcm-surfpatrol.com/

Touchは電源を入れてから起動が早く、しかもパケット代を気にする必要もない。思わず読売新聞やオーストラリアのニュースまで見てしまうようになった。

さあ、次。家の外でインターネットを見るために「ワイヤレスゲート」と契約。月額380円という破格の安さで無線LANが使えるようになった。(但し、このプランは家電量販店のヨドバシカメラに行って、専用のチラシを持ってきてそこに記載してあるパスワードを入力する必要がある)

ワイヤレスゲート
http://www.tripletgate.com/wirelessgate/

これが使える場所は基本的に全国のマクドナルドと覚えておけばいい。私は鵠沼海岸、新宿西口、立川駅前、南伊豆の下田駅前、千葉の大原、東金店でよく使う。波情報もさることながら、帰宅時の交通情報とグーグルマップがとても役に立つ。道路交通情報は老舗の(財)道路交通情報センターの道路交通情報が一番信用できる。これが見れるのは心強い。
http://www.jartic.or.jp/

携帯電話からも色々なサイトで調べることができるが、月額315円程度の有料サービスの上、パケット代がかなりかかってしまう。iPodTouch+ワイヤレスゲートなら、マクドナルドや一部のターリーズコーヒー等で使わなければならないという場所の制約があるが、いくら使っても月380円だ。パケット代の心配は一切いらない。

例えば千葉の太東海岸での波乗りの後に川崎の登戸まで帰宅する場合、東関東道・首都高湾岸線・渋谷線を回るか、国道409号線を走ってアクアラインで帰るか迷うことがよくある。こういった場合に有用だ。さらにグーグルマップが標準アプリに入っているので、日々更新される道路の紙地図を買う必要もない(私はアナログ人間なので一応紙地図も買っているが、それでもグーグルマップは役に立つ)

また、夏は雷の季節である。昨年は「ゲリラ豪雨」の直撃をたびたび受け、首都圏の鉄道は瞬時に止まってしまうことがあった。こういう時、JRの携帯電話・PCサイトともサーバーがパンクしてしまい、使い物にならない。そこで読売新聞と朝日新聞の交通情報サイトが役に立つ。マックでアイスコーヒーでも飲みながら迂回ルートを考えるか、そのままインターネットして時間を潰して運行再開まで待つほうが賢い。

読売新聞
http://traffic.yomiuri.co.jp/

朝日新聞
http://www.asahi.com/traffic/

気になる値段だが、お勧めは Apple iPod touch 16GBで33,957円、Apple iPod touch 8GBで26,410円、Apple iPod touch 32GBで46,000円である。

メールについてだが、正直タッチパネルは普通の携帯電話よりも入力が難しく、慣れるまでに時間がかかる。やはりメールの入力はパソコンのキーボードかメイン携帯のN906iμの方がよいと感じる。それに片手でメールを打つのは難しい。特に激混みの朝の通勤電車の車内でメールを打つのは至難の業だろう。iPhoneもTouchもインターネット閲覧専用が向いていると思う。

特筆すべきは海外でもiPod Touchのネット機能が使えることだ。例えばオーストラリアのマクドナルドは、無線LAN(Wi-Fi)が無料で使える。シドニー、ウーロンゴンやブリスベンでも問題なく使える。

freewireless.com.au
http://www.maccasfreewifi.com/

アメリカやシンガポールでも問題なく使えるだろう。
一台あると何かと便利だと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。